イ・スンギ主演映画「相性」、公開2日で観客動員43万人を突破!

イ・スンギとシム・ウンギョンが主演する映画「相性」(監督:ホン・チャンピョ)が、公開2日目にして観客動員数43万人を突破し、ボックスオフィス1位となった。

2日、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、映画「相性」は、1日、25万4,554人の観客を動員し、累積観客数が43万4,178人となった。

ちなみにボックスオフィス2位は、「リトル・フォレスト」(監督:イム・スンレ)で、同日、16万7010人の観客を動員、累積観客数は、31万3,945人を記録した。

映画「相性」は、朝鮮最高の暦術家ソ・ドユン(イ・スンギ)が、婚礼を控えたソンファ翁主(朝鮮王朝時代の王女、シム・ウンギョン)と婿候補たちとの相性占いを通じて、朝鮮の運命を変える最高の相性の人を見つけていくというコメディ。

イ・スンギ、シム・ウンギョンの他、ヨン・ウジン、CNBLUE(シーエヌブルー)のカン・ミンヒョク、チェ・ウシクが出演している。イ・スンギのスクリーン復帰とあって公開前から話題を集めていた。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »