ユク・ジダム、Wanna Oneカン・ダニエルとの交際を暴露?!「プロデュース101前に別れた」

ラッパー、ユク・ジダムが先月浮上したWanna One(ワナワン)カン・ダニエルとの熱愛報道について自身の言葉で説明をした。

ユク・ジダムは、25日、自身のブログに「『プロデュース101シーズン2』の撮影に入る前、(カン・ダニエルと)別れた」と主張、「会う時間がなくて、私が別れようと言って『プロデュース101』を頑張って、応援して終わった」と綴った。

先月、ユク・ジダムがカン・ダニエルとの交際に関する文章で議論になった後、ラッパーKASPER(キャスパー)が2人が交際していたという文をSNSに書き込んだことについて、ユク・ジダムは、「(カン・ダニエルとは)付き合って1ヵ月も経っていなかった時期だった。KASPER(キャスパー)は嘘をついたことがなく、そこで拡散された言葉をデマだとした」と説明した。

また、あるネットユーザーのコメントに残した返事で、ユク・ジダムは「風を吹かせたくて悪質なネットユーザーたちと戦ったかな。私が狂っていた。人気に目がくらんで、ちょっと風を吹かせたくなったみたい。はぁ、なぜそうしてしまったのか」と後悔するようなコメントを書き込んだ。

ユク・ジダムは、「意識の流れ通りに文を書いてみると、急に悪質なネットユーザーの話が出てきた。そうするべきではなかった。急に悪質なネットユーザーの話をして申し訳ない」とした。

これに先立ち、先月、ユク・ジダムは自身のInstagramを通して「Wanna One(ワナワン)カン・ダニエルを主人公にしたファンフィクションの主人公が自分という内容の文を載せ、議論が起きた。これに対してカン・ダニエルの所属事務所側は、「過去に知人だったという理由でインターネット上で広がっているアーティストの噂と虚偽の事実については、強硬に対応する」と強い姿勢を示した。

しかしユク・ジダムは、その後ブログを通じて最近、1ヶ月間精神病院に入院し、躁うつ病の診断を受けたと明らかにした上で、これは前所属事務所CJ E&Mの放置によるものだと主張した。




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »