2AMチャンミン、セクハラ報道のネット魔女狩りを全面否定!所属事務所も報道記者も

2AM(トゥエーエム)のチャンミンがバラード歌手のセクハラ報道について、「全く関係が無い」と否定した。

7日、韓国の一部メディアは、バラードグループのリードボーカルであるA氏に性暴行を受けたと主張する女性の事情について報道した。この報道で被害を訴えた女性は、恋人だったA氏が同意なしに隠しカメラで撮影したと暴露した。

この報道直後から、ネット上ではバラードグループのリードボーカルが誰かと詮索が始まった。そしてネットユーザーたちは、2AM(トゥエーエム)のチャンミンではないかという推測を出し、これが一気に広まった。

チャンミンの所属事務所は、「A氏は、2AM(トゥエーエム)のチャンミンではない」としながら、「当社のアーティストを保護するために、根拠のない虚偽事実の流出に対しては強く対応する予定だ」と警告した。

またこの報道を行ったメディアの記者も自身のSNSを通して、「バラードグループ歌手の元交際相手の盗撮をしたという人物は、2AM(トゥエーエム)のチャンミン氏ではありません。デビュー時期も違うし、その事実もありません」という文章を掲載し否定した。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »