YGエンターテイメント、G-DRAGON&SOL(テヤン)の入隊についての立場を示す

G-DRAGONグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバー、G-DRAGON(ジードラゴン)とSOL(ソル)の入隊についてYGエンターテイメントが立場を明らかにした。

6日、2人の所属事務所であるYGエンターテイメントの関係者は、「現在、G-DRAGON(ジードラゴン)とSOL(ソル)は、現役入隊通知書を待っているところだ」と明らかにした。

前日の5日、一部韓国メディアは、G-DRAGON(ジードラゴン)が2013年に世宗(セジョン)大学産業大学院流通産業部に入学し、2016年8月に卒業して修士号を取得したとしながら、修士号を取得した後に博士課程に進学するなどの方法で入隊を延期した可能性があると報道した。

この報道によると特定の事由により、最大730日間の延期が可能な兵役法をうまく活用すると最大で31歳まで入隊を遅らせることができる。これは違法ではないが、入隊を避けるための手法であるとした。
軍入隊の延期が繰り返されることに対しては韓国世論はあまり良い印象を持っていない現状がある。

今年30歳になったG-DRAGON(ジードラゴン)とSOL(ソル)は、兵役法上、入隊年限を満たしおり、今年中に入隊しなければならない。

G-DRAGON(ジードラゴン)とSOL(ソル)は、コンサートやイベントなどでファンに対し、今年の軍入隊予定を明らかにしている。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »