俳優オ・ダルスのセクハラ疑惑報道に所属事務所は一貫して沈黙…

写真:「殺人者の記憶法」より

世界的に広まる「Me Too(私も)」の流れの中、俳優オ・ダルスがセクハラ疑惑に包まれた。

オ・ダルスを巡る最初の報道が出たのは今月22日のことだった。(この前には、チョ・ミンギのセクハラ疑惑がネット上で大きくなりマスコミでも報道されている)
韓国メディアは、「被害者であると主張するネットユーザーが、俳優オ・ダルスから過去にセクハラを受けたと暴露した」と報道した。

前日の21日に、劇団「演戯団コリペ」のイ・ユンテク芸術監督のセクハラ及び性的暴行疑惑に関連して、あるネットユーザーが「セクハラの加害者だ」として告発をしていた。
同ネットユーザーは、「1990年代、釜山(プサン)の小劇場で、若い後輩らをひそかに常習的にセクハラしていた演劇俳優。イ・ユンテク演出家が連れてきていた俳優の1人。今はコミカル演技を得意とする有名な助演俳優。しかし私にとっては変態悪魔のサイコパス。私はひどいことをされてその衝撃で約20年間苦しんでいます。精神科の治療を受けています。あの図々しさ、必ず処罰してもらいたいです」と主張し、ネット上を騒然とさせた。

しかし、これに対してオ・ダルスの所属事務所は、公式な立場を明らかにせず沈黙を保っている状況だ。

オ・ダルスは、イ・ソンギュン、ソン・セビョク、IU(アイユー)と共にtvNの水・木ドラマ「私のおじさん」への出演が決まっている状況であり、今回の疑惑報道に対する立場表明に関心が集まっている。




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »