”セクハラ疑惑”チョ・ミンギ、心境を告白!「娘のような生徒たちにどうして…」

写真:チャンネルA「ニュースTOP10」

俳優チョ・ミンギがセクハラ疑惑について心境を明らかにした。

チョ・ミンギは、21日に放送されたチャンネルA「ニュースTOP10」で清州(チョンジュ)大学演劇学科の教授で辞任した理由について、「運命にもない教授をしながら1学期、2学期と来たが… 『あぁ、私1人が傷づくという問題ではなく、家族まで傷つくだろう』と思い、陳述書を書きながら1次辞表を提出した」と述べた。

そして「教授の仕事をするのは、スケジュールも容易でない状況で、そのような過程をすべて経験しながら7年勤務したが、残ったのがこれであるなら何の意味があったのか。教授という名誉より私の母校、自分の後輩であり、それで(大学に)来ていたが、学校でそのようなことが続けば、私がいる理由はない」とした。

またJTBC「ニュースルーム」のインタビューでも無実である旨を語り、「私の娘のような同い年の生徒に私がどうやってそんなことをできるでしょうか」と話した。

これより前、韓国のオンラインコミュニティを通じてチョ・ミンギが学生に対して、セクハラで教授職から解任されたという話が一斉に広がっていた。チョ・ミンギの所属事務所は、今月20日に公式の立場として、「セクハラ関連の内容は、明白な噂だ。授業中の言動が授業と合わないという大学の調査結果に基づいて『3ヶ月停職』懲戒を受け、道義的責任に辞表を出したのであってセクハラによる懲戒処分ではない」と釈明した。

しかし、被害者が実名を明らかにしながらセクハラ被害を暴露した。
清州(チョンジュ)大学の掲示板に掲載された暴露記事のほか、清州(チョンジュ)大学演劇学科出身であり、演劇女優のソン・ハヌルは、自身のSNSを通じてチョ・ミンギにセクハラを受けたと暴露した。

チョ・ミンギの所属事務所は、「チョ・ミンギのセクハラ関連の証言について、所属事務所は深刻さを認識している。これは、所属事務所の次元で行われることを超えており、さらに明確な調査が行われなければならないと判断している。チョ・ミンギは、今後行われる警察の調査に誠実に臨む予定だ」との立場を伝えた。

これらの騒動が大きくなると、チョ・ミンギは、出演が決まっていたOCNの「小さな神の子供」から降板することになった。

”セクハラ疑惑”チョ・ミンギ、否定から一転して公式謝罪!所属事務所との契約は解約に
チョ・ミンギ死亡、地下駐車場の隣の倉庫で遺体で発見される
チョミンギ 死亡前の音声が公開される!娘と家族に申し訳ないと涙
故チョ・ミンギの遺書が見つかる 韓国のネットユーザーの反応は…




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »