MBLAQ G.O(ジオ)、チェ・イェスルが公式カップルに!ファンに対して長文メッセージ

写真:MBLAQ(エムブラック)ジオのInstagram

グループMBLAQ(エムブラック)の元メンバー、G.O(ジオ)と女優チェ・イェスルが熱愛を認めた。

G.O(ジオ)は、4日午前、自身のファンカフェに長文の文を掲載し、チェ・イェスルとの熱愛を自ら認めながら、またファンの間で浮上した議論に対して「ファンを忘却したり、欺瞞したことはありません」との立場を明らかにした。

G.O(ジオ)は、「今回のことでたくさん驚かれたと思います。腹も立っただろうし、空しさも感じただろうと思います。無限のファンの方々の愛とどこでも怖いものがなかったメンバーがいて、私の足りなささえ隠すことができました」と文章を初めた。

そして、「多くの経験を通じて、新しい価値観が出来たときに、チェ・イェスルに会いました。私は、何の心配もなく幸せにできるというのが本当に驚きました」とチェ・イェスルとの交際について言及した。

また、G.O(ジオ)がSNSを通して交際の事実を公開したことについて、ファンを欺いたのではないかと、ファンの間で議論が巻き起こっていたことについて「歌手とファンは、歌やステージで会わなければならず、私的なすべての部分までお互いに認めることができなければ、成立する関係ではないと思います。私は一瞬もA +(ファンクラブ名)のファンの方々を忘れたり、欺瞞したことはありません。私に大きな栄光をくださった方々で、私はその方々に栄光に報いたいと思います。今回のことで応援してくださる多くの方々に心から感謝いたします」と率直な自身の心境を綴った。

G.O(ジオ)は、今月2日にSNSを通して「最も平凡な僕の姿でいた時、縁ができた人がチェ・イェスルさん」という文を掲載し、チェ・イェスルとの熱愛を認めた。
またチェ・イェスルと一緒に撮った写真を公開し、「近い将来、直接申し上げようとしたので、記事で先に報道されたのは残念だったが、嬉しいニュースだと思います。最も平凡な僕の姿でいた時、縁ができた人がチェ・イェスルさんです。多くのことを認めて配慮してくれる人です。私は本当に幸せです」とコメントしていた。

2009年にMBLAQ(エムブラック)のメンバーの一員として活動を開始したG.O(ジオ)だが、イ・ジュンとチョンドゥンが2014年に俳優に転向しグループを離れると、残された3人のメンバーで3人組のグループとして再編し活動を続け、2016年2月に入隊した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »