SHINeeジョンヒョンの遺書公開へ Dear Cloud(ディアクラウド) Nine9(ナイン)家族と相談の末に

ナインとジョンヒョン

写真:Nine9(ナイン)のInstagram

SHINeeのジョンヒョンの死去ニュースで大きな衝撃が走る中、Dear Cloud(ディアクラウド) のボーカル、Nine9(ナイン)が、SHINeeジョンヒョンの遺書とされる文章を公開した。

Dear Cloud(ディアクラウド) のNine9(ナイン)は、自身のSNSを通じて「ジョンヒョン本人がこの世から消えたらこの文を必ず直接公開してほしいとお願いされた。こんな日が来ないことを願ったのに・・・。家族と話し合った末、彼の遺言に添って遺書を公開します」としながら、ジョンヒョンから託された遺書を公開した。

ジョンヒョンの遺書全文(和訳)

僕は内側から壊れた。

ゆっくり僕を食い荒らした憂鬱は、結局僕をのみ込んで、僕はそれに勝つことができなかった。

僕は僕を憎んだ。
途切れる記憶を握り、いくらしっかりしろと言い聞かせても答えはなかった。
詰まった息を楽にしてあげられないのなら、むしろ停止が楽だ。

僕の責任を負うことができるのは誰なのか尋ねた。
お前だけだ。
僕はひっそり一人だった。

終わるという言葉はカンタンだ。
でも終了するのはは難しい。
その難しさに甘やかされて生きてきた。

逃げたいだろうと言った。
そうです。僕は逃げたかった。
僕自身から。
あなたから。

そこにいるのは誰か尋ねた。すると僕だと言った。そしてまた、僕だと言った。

なぜしきりに記憶を消すのかと言った。性格のせいだそうだ。なるほど。結局すべて僕のせいだね。

気づいてくれることを望んだだけ、誰も気づかなかった。
僕に会ったことがないから、僕がいることを知らないのは当然。

なぜ生きるのか尋ねた。ただ。ただ。みんなただ生きるんだと。
なぜ死ぬのか尋ねると疲れたと言う。

苦しんで悩んだ。
退屈な痛みを歓喜に変える方法は学んだこともなかった。
痛みは、痛みでしかない。
そんなこと言うなと僕をを急ぎ立てた。

なぜですか?僕になぜ僕の意志で終わらせることもできなくするのか?
なぜツラいのか、心痛むのか探しなさいと言った。

とてもよく分かっている。僕は僕のせいで痛い。
全部僕ののせいで、僕が良くないから。

先生、この言葉を聞きたかったのですか?
いいえ。私は間違ったことはしていません。
ゆっくりした声で僕の性格を責める時、医師は簡単だなぁと考えた。

なぜこれほどまでに痛いのか不思議な役割である。
僕より大変な人もちゃんと生きているのに。
僕より弱い人にもちゃんと生きているのに。
そうじゃないみたい。
生きている人の中に、僕よりもっとツラく厳しい人はおらず、僕より弱い人はいない。
それでも生きなさいと言った。

なぜかそうしないといけないのか何百回聞いても、君のためだ、僕のためだと。
僕を超えたかった。
お願いだから知らないなんて言わないで。
なぜツラいか探せだなんて。
何度も話したじゃない。なぜ僕がツラいのか。それはこれくらいツラいのじゃダメなんですか?より具体的なドラマがなければならないのですか?もう少し事情がなければダメですか?

もう話したじゃない。もしかしたら、聞き流したんじゃない?
勝ち抜くことができるのは、傷として残っていない。

世界とぶつかるのは、僕の分け前じゃなかったみたい。
世の中に知られているのは、僕の人生じゃなかったみたい。
全部だからツラかったんだ。ぶつかって、知らされて、ツラかったよ。

なぜそれを選択したのか。面白いことだ。
今まで耐えていたことだ。
もう他に何を話せと。

ただ、お疲れ様と言って。
これくらいやったなら、よくやったと。苦労したねと言って。
笑えなくても、とがめて見送らないで。

お疲れさま。
本当にお疲れさま。
さようなら。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »