PSYの独立報道にYGエンターテイメントがコメント!一方でBIGBANGの分裂報道も?!

歌手PSY(サイ)が、独立して個人の企画会社設立するという報道に対して、所属事務所であるYGエンターテイメント側が公式立場を明らかにした。

27日、YGエンターテイメントは、PSY(サイ)の個人の企画会社設立やYGからの独立報道ついて、「まだ何も決定したことはない」との公式の立場を明らかにした。そして「PSY(サイ)が様々な分野の事業を準備している中で、関連した話が出てきたものとみられる」と説明した。

これより前、韓国の一部メディアは、「PSY(サイ)が現在、個人会社の設立を構想中で、大企業の投資誘致のための事前作業を行っている」と報じた。

また関係者の言葉として「現在、PSY(サイ)が独自の企画会社設立のために多角的に企画している」といったコメントや、また別の関係者の話として「PSY(サイ)が、YGエンターテイメントで成し遂げた成果や業績は、まさに驚くべきに値する。今、PSY(サイ)は初心に戻って様々な仕事をしてみたいという」というコメントを紹介した。

2001年のデビュー曲「BIRD」でデビューしたPSY(サイ)は、「CHAMPION」、「芸能人」、「楽園」、「GENTLEMAN」、「HANGOVER」などのヒット曲を発表し人気を集めた。2010年には、現在の所属事務所であるYGエンターテイメントと専属契約を締結し、7年間共にしてきた。2012年には「江南スタイル」が韓国だけでなく世界中で大ヒットし、PSY(サイ)の世界的ヒットはYGエンターテイメントのブランド価値を大きく高めたとして注目を集めたりした。

また、PSY(サイ)の独立報道と同じくして、BIGBANGの分裂報道も出た。BIGBANGは、現在のYGエンターテイメントの源であり、またYGエンターテイメントの屋台骨を支えるグループだが、それぞれのメンバーが事業に関心を見せていることから、個人事業に注力していくのではないかという噂が出たものと見られている。

また、YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表が、12月30日と31日に行われれるBIGBANGのソウル公演について、メンバーの軍入隊を控えた公演であることから、「当分の間、BIGBANGに会える最後の公演。いつまた見られるだろうか」とSNSにコメントを残したことから、拡大解釈されたようだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »