【オフィシャルフォト満載】「2017 MAMA in Japan」 1部編レポート!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

CJ E&M が主催する世界最大級の音楽授賞式「2017 MAMA」が今年で9回目を迎え、11月25日のベトナムから始まり、日本、12月1日の香港まで行われ、初開催となった日本公演「2017 MAMA in Japan」が11月29日(水)横浜アリーナにて行われ、1万5千人が熱狂し大盛況で終演した。

客席はペンライトで埋め尽くされ、大歓声を浴びながらオープニングに登場したのは、いち早く2001年に日本デビューしK-POPブームの先駆けとして活躍し続けるBoA。SEVENTEEN、TWICEがBoAのヒットナンバーを披露すると、Wanna OneのミンヒョンとBoAとで息の合ったパフォーマンスを見せ会場を釘付けにした。

韓国ドラマ『雲が描いた月明り』などで日本でもファンを魅了している俳優、パク・ボゴムがホスト役としてステージに登場し「日本のみなさんと音楽を通じて共感出来ることが嬉しいです。」と日本語を交えた爽やかなオープニングコメントで「2017 MAMA in Japan」が幕を開けた。

イベントは各アーティストによる華やかなパフォーマンスの合間に、日韓のゲストプレゼンターによる各受賞アーティストが続々発表された。

「女性新人賞」に「PRISTIN」が受賞。

MONSTA Xが力強いパワフルなパフォーマンスを披露。

大人気のサランちゃんも駆けつけ、プレゼンターの秋山成勲とイ・ホジョンにより発表された
「男性新人賞」に「Wanna One」が受賞。

「ベストアジアンスタイル in Japan」には満を持して今年日本デビューした「EXO-CBX」が受賞。

ここからは、「PRODUCE 101」から誕生したガールズグループ「1.O.1」と日本のガールズアイドル代表「AKB48」とのコラボなどで華やかなステージを披露。
(Weki Meki、チョンハ、PRISTIN、fromis_9、アイドル学校、AKB48)

ソ・ガンジュンから発表された「Inspired Achievement賞」には、AKB48などをプロデュースする日本の「秋元康」が受賞。韓国でのオーディション番組「PRODUCE48」のプロデュースの予定を発表した。

2部編の記事はこちらから⇒

【公演概要】
「2017 MAMA in Japan」
2017年11月29日(水)@横浜アリーナ
出演:EXO-CBX、SEVENTEEN、TWICE、Wanna One ほか

【Mnet 放送情報】
・「2017 MAMA in Japan 字幕版」2018年1月27日(土) 12時~(予定)
・「2017 MAMA in Hong Kong 字幕版」2018年2月3日(土) 12時~(予定)

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »