NCT 127 “初の日本単独イベント”にLINE LIVE完全密着!来春日本デビュー&東名阪福Showcaseツアー決定!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

2018年春に日本デビューを発表した韓国のボーイズグループNCT 127が開催した初の日本単独イベントをLINE LIVEで生中継。イベント前の控室から終了後まで完全密着し、彼らの魅力を伝えた。

NCT 127は、韓国、日本、中国、アメリカ、カナダ出身のメンバーで構成された、テイル、ジャニー、テヨン、ユウタ、ドヨン、ジェヒョン、ウィンウィン、マーク、ヘチャンによる9人組の多国籍グループ。イベント前の控え室では、「ホントにドキドキしていますが、最後まで頑張ります!」「みなさんと楽しい時間を作っていけたらなと思います」「とても緊張していますが、すごく幸せです」などメンバーひとりひとりが元気いっぱいに日本語で意気込みを話し、ステージへ向かった。

会場のビジョンにメンバーのインタビュー映像が流れると、客席からは早くも黄色い声援が飛び交った。ステージに現れた彼らは、韓国でのデビューミニアルバム「NCT #127」に収録の「Fire Truck」、最新曲である「Cherry Bomb」を立て続けに披露。本格的なクラブミュージックのトラックに乗せた歌とラップ、クールなダンスで観客を魅了し、画面からも会場の熱気が伝わってきた。

会場では、日本語で改めてレコーディングした「Limitless」のミュージックビデオが初公開。初めて日本語でレコーディングに挑戦したことについてテイルは「メロディやリズムより、日本語の発音が難しかったです」と振り返り、ヘチャンは「ちょっとつたないところがあるんですけど、ユウタくんが助けてくれて良いものができあがりました」と語った。ドヨンは「NCT 127には、東から西の海まで音楽で全世界を包み込むという世界観があるんですけど、日本語の歌詞では、音楽で世界をひとつにしようという意味が込められています」と明かした。

また、ミュージックビデオについてマークは、「爆発シーンがあったんですけど、準備をする時間があまりなくて、しかも1回しか撮影できないということでした。緊張していたのですが、集中してがんばって、楽しく撮影できました」と振り返った。また、ジェヒョンは「工場で撮影していたんですが、フォーメーションダンスをしているときに“バーンバーン”という大きな音がしていて。びっくりした素振りを見せないように撮影するのが大変でした」と苦労も明かした。

そして、重大発表も! 2018年春に日本デビューすることが決定し、さらに東名阪福でShowcaseツアーを行うことが決定。テヨンは、「みなさんの前でカッコいい音楽とパフォーマンスをお見せできると思います。待っていてください」と語った。

イベント後にはメンバーが3名ずつに分かれて、名古屋、大阪、福岡でイベントを行うことから、メンバーの抽選会も実施。その結果、名古屋はテイル、ユウタ、ヘチャン、大阪はジャニー、ジェヒョン、マーク、福岡はテヨン、ドヨン、ウィンウィンが訪れることになった。地方イベントのダイジェスト映像は、11月18日(土)20時からLINE LIVEで独占放送される。

イベントラストは、「Limitless」の日本語バージョンのパフォーマンスを初披露。パワフルな歌声と息の合ったフォーメーションダンスで観客をメロメロに。「みなさん来てくれてありがとうございます。これからも一緒にいい思い出を作りましょう!」とテヨンが日本語で思いを伝え、イベントは終了した。

イベント終了後の控え室では、「今日は絶対忘れられない一日になった」「地方のイベントもこの勢いでがんばります」「また皆さんと会いたいです。大好きです」とメンバーも興奮が収まらない様子。「これからもカッコいいパフォーマンスをお見せしますので、ぜひ注目してください」とユウタが締め括った。

【番組概要】
番組名:NCT 127スペシャルイベント生中継
配信日:2017年11月4日(土)

番組名:NCT 127  “connect”地方イベントSP映像!
配信日:2017年11月18日(土)

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »