【取材レポ】Apeace「最後のサビはファンのみなさんと」12月13日に新曲『BANG! BURN! LOVE』リリース記者会見&公開リハーサル

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

兵役を終えたヒョンソンとジヌが加わり、新体制となったApeaceが、約半年ぶりの新曲『BANG! BURN! LOVE』を12月13日にリリースをする。11月18日(土)にリリース記者会見が行われた。この日はファンイベントで初披露する日でもあるということで、先にカップリングの『KIZUNA』と新曲『BANG! BURN! LOVE』を取材陣に披露した。

左から
ソンホ、ジュンシク、J.D、ヨンウク、ゴンヒ、スンヒョク、ヒョンソン、
セヒョン、ワンチョル、ジヌ、ドゥファン

Q.『KIZUNA』はどんな曲ですか?
J.D「KIZUNAという曲は、今の僕が存在出来るのは、このメンバーとKIZUNAがあったからこそ存在するんじゃないかと思って書いた曲です。」

Q.タイトル曲『BANG! BURN! LOVE』はどんな曲ですか?
ヨンウク「『BANG! BURN! LOVE』という曲は、凄くノリノリの曲で、恋に対する情熱を表現した曲です。そして踊りも凄く楽しいので、見る目にも聞く耳にも楽しませる曲だと思ってます。」

Q.フルバージョンはまだ公開されてないですが、今回のPVとして初めてキッズと共演している作品となっていますが、エピソードがあれば教えてください。
セヒョン「今回のPVは初めてキッズ(子供)ちゃんと一緒に撮影をしたのですが、朝からやったので、みんな疲れもあったと思うんです。僕がやることを子供が真似をするシーンがあるのですが、その子供が凄く疲れてしまったのか、撮影中に寝てしまって、撮影より起こすのに大変だったというのがあって可愛かったです。だから幼稚園の先生は大変だろうなと思いながら撮影をした記憶があります。」

Q『KIZUNA』は徐々に明るくなる歌い方ですが、歌い方で感情の込め方に違いはありますか?また、シヒョクさんが病気で不在とのことですが、絆を感じられるエピソードがあれば教えてください

スンヒョク「『KIZUNA』という曲は、みんな一緒に考えながら、僕たちApeaceはもう7年日本にいるのですが、いろんな生活、いろんな活動しながら、やっぱりプライベートの話も含めて本当にいろんなことがあったよね?と一緒に話しながら、12人集まったら昔の話ばかりするんですよ。そんなこともあって、こんなこともあって、7年は短いと言えば短いですけど、長い時間こうやって兄弟みたいに活動して生活してきた気持ちを込めた曲で、僕たち7年の活動を書いた曲だと思います。あとはそれぞれの考え方によって心を込めた気持ちは違うと思いますけど…。」

ドゥファン「『KIZUNA』という曲はApeaceみんなの思いが込められている曲なので、それこそパート分けだったり全部メンバーが決めたんです。一番はジュンシクが歌い出すんですが、ジュンシクの声から2番に繋がるジヌ兄さんの声までのテンションというか、雰囲気を全部、ディレクティングをワンチョル君がやったので、メンバーたちがメンバーたちの声を分かっているというのをこの曲で表現したいなと思いました。」

セヒョン「だんだんアップテンポになるということですが、今回の曲を準備する時に、今までない曲を作ろう。と『KIZUNA』も最初はバラードから始まってアップテンポになるじゃないですか。『BANG! BURN! LOVE』も今までに無かった凄く盛り上がるノリノリの感じなので、今までないような曲を作りました。」

ワンチョル「僕たちApeaceが最初から今まで作詞作曲でシングルになったことが1回もないので、今回Apeaceにとって特別なことじゃないかなと思っています。」

ヨンウク「シヒョクの話がでたのですが、もともと『BANG! BURN! LOVE』の振付が完成されていたのですが、シヒョク君が病気になってフォーメーションがまた変わったんです。ライブにも関係があったので、1人でもいないとこんなに大変なんだな~と。僕たちは見えない糸で繋がっているなと感じました。」

Q.今回の新曲『BANG! BURN! LOVE』は、ファンの方にどんな時に聴いてほしいですか?また、振付など注目してもらいたいポイントがあれば教えてください。

ゴンヒ「『BANG! BURN! LOVE』は、僕だったら旅行とか行くときの車の中で聴きたいなと思います。」
ワンチョル「危ないんじゃないですか!」(笑)
ゴンヒ「聴きながら運転に集中します。」
ヨンウク「大丈夫ですよ、そのくらいは~」

ドゥファン「僕の場合は、朝起きて準備するのにお風呂に入るじゃないですか。目を覚ますために『BANG! BURN! LOVE』を聴く。あと夜、帰って疲れているときまたお風呂に入って、ビールを1本飲みながら『KIZUNA』を聴く。」
ソンホ「なんでビール?」
ドゥファン「ビールは僕の恋人です。」
ソンホ「分かりました~」(笑)

ワンチョル「でもこの曲、本当にどんな時でも、聴いたらApeaceは自然に体が動くようになったので、たぶん僕たちのファンがこの曲を一回聴いたら、どんな時でも体が動いて恥ずかしくなると思うので…いつも聴いてほしいです。」(笑)

ソンホ「ダンスのポイントは…僕が言っていいのかな?(メンバー「どうぞ~」)僕はボーカルを担当してますけど…『BANG! BURN! LOVE』のダンスのポイントは、自分たちがヒーローになって走っていくぞ!という感じのダンスがあるんですけど、それがポイントです。サビの部分です。」

セヒョン「それと、もうひとつあるじゃないですか?(ワン)チョルとソンホと(ヨン)ウクちゃんのパートで真似をするんですけど、最後のサビはファンのみなさんとやりたくて、みなさんに振ると思います。ファンのみなさんがあるポーズをしたらこちらがやるみたいな」

ワンチョル「次のライブの時は、席に指定席を書いておきましょう!そのとき指定をしておいて…考えてくださいと。」
ソンホ「勝手に決めないでください」
ワンチョル「はい、分かりました。ごめんなさい」(笑)

最初は緊張気味に始まった会見でしたが、徐々に和気あいあいな雰囲気となりメンバーの仲の良さが伺えました。披露してくれた新曲『BANG! BURN! LOVE』は一度聴いたら耳に残るリズムと、かっこいいダンスが光ります。カップリングの『KIZUNA』はメンバーの「絆」と気持ちがこもった楽曲になっており、ファンの方にも大切な一曲になりそうですね。

ニューシングル情報
2017.12.13 リリース
8thシングル「BANG! BURN! LOVE」

ライブ/イベント情報
11/14(火)JURY BLACK渋谷店 コラボアイテム販売イベント
11/28(火) Apeace LIVE 2017 #11 in OSAKA@大阪BIGCAT
12/9(土) Apeace LIVE 2017 #12 @YAMANO HALL
12/19(火)  UTA-BANG! VOL.1 15時/18時(2公演)江戸川総合文化センター 小ホール
12/21(木)  UTA-BANG! VOL.1 15時30/19時(2公演)名古屋ダイアモンドホール

「BANG! BURN! LOVE」発売記念イベント決定!
11/23(木祝) HMVイオンモール浦和美園店『トーク/両手握手/サイン会』
11/29(水)イオンモール鶴見緑地店3Fサンシャインコート『ミニライヴ/両手握手/サイン会』
12/2(土)イオンモール土浦店 1F花火ひろば >『ミニライヴ/両手握手/サイン会』
12/10(日)ニッケコルトンプラザ>『ミニライヴ/両手握手/サイン会』
12/12(火)イオンモール北戸田
12/13(水)ヴィーナスフォート
12/14(木)アリオ橋本
12/15(金)アリオ川口
12/16(土)ニコニコ本社内 B2F イベントスペース
12/17(日)渋谷某所

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »