故キム・ジュヒョクさんの悲報に映画界イベントなど次々キャンセル&延期へ、哀悼の意を示す

俳優キム・ジュヒョクさんの突然の悲報に映画界のイベントが全面中止や延期となっている。

キム・ジュヒョクさんは、30日午後、三成洞(サムソンドン)の道路で発生した車両転覆事故でこの世を去った。

これを受け31日、予定されていたインタビューや製作報告会VIP試写会などが相次いでキャンセルとなった。制作会社や広報社は、これらのキャンセルで亡くなったキム・ジュヒョクさんの死に哀悼の意を送った。

事故が起きた当日の30日夜には、映画「ブラザー」のVIP試写会レッドカーペットイベントと舞台挨拶などがキャンセルされた。
また同日予定だった映画「沈黙」のライブトークは、当初、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通して生中継の予定だったが、こちらもキャンセルとなった。
代わりに永登浦(ヨンドゥンポ)CGVで行われたライブトークに参加したチェ・ミンシク、パク・シネ、リュ・ジュンヨル、パク・ヘジュンなどは俳優たちは非常に沈痛な雰囲気の中で、キム・ジュヒョクの哀悼の意を表した。

31日に様々なイベントの延期と規模縮小が予定されている。31日午前に予定だった映画「必ず捕まえる」の制作報告会がキャンセルされた。映画「必ず捕まえる」には、キム・ジュヒョクと長い間同じ所属事務所に所属する俳優ペク・ユンシクが出演している。

さらに同じ所属事務所の新人オ・スンフンもこの日、映画「メソッド」の関連メディアのインタビューを行う予定だったが、先輩を哀悼する意味からこれを取り消した。

キム・ジュヒョクさんは、30日午後4時30分ごろ、自身が運転する車が三成洞(サムソンドン)の道路で乗用車と衝突した後、歩道に突進、アパートの壁にぶつかった後、転覆した。キム・ジュヒョクさんは、消防当局によって救助され、建国大学病院に搬送されたが、午後6時30分ごろ亡くなった。
正確な事故と死亡原因を把握するために解剖が実施される予定で、結果が出てから葬儀の手続きが行われる予定だ。

この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »