「2017MAMA」、今年はベトナム&日本&香港で開催!新コンセプトは”共存”

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

アジア最高の音楽授賞式「2017 MAMA(Mnet Asian Music Awards)」が11月25日から12月1日までベトナム、日本、香港で開催される。

「2017 MAMA」の新しいコンセプトである「共存」は、ベトナム、日本、香港の3つの地域での開催を通して、様々な言語と文化を持つ人々が共存する世界的な音楽祭を目指そうという意味が含まれている。今回公開されたロゴも小さな開始点から始まる音楽の波長、そして人と人とのハーモニーを表現している

まず11月25日にベトナムで「2017 MAMA Premiere in Vietnam」が開催され、今年を輝かせたタイ、シンガポールなどアジアのアーティストが受賞者として出演し、パフォーマンスが披露する。11月29には日本で「2017 MAMA In Japan」、12月1日には香港で「2017 MAMA In Hong Kong」が開催される。MAMAの開催国が増加し、さらに豪華な出演陣とステージが構成されており、様々なアーティストたちの舞台で埋め尽くされる予定だ。

さらに19日には、「2017 MAMA ノミネーション」がMCキム・イルジュンとパク・ソヒョンが抜擢され放送される。安定した進行とアイドル専門家による新しいケミ(※ケミストリーの略、相性)にも期待が高まる。

昨年のノミネーション放送とは異なり、専門家のパネルも登場する予定だ。作詞家キム・イナは、今年1年の音楽界のトレンドを明快で豊富な音楽的解釈のトークで、そして音楽界と芸能界をまたいで活躍しているラッパーDinDin(ディンディン)は、音楽トークはもちろん、気の利いたトークで番組に面白さを加えてくれることになるだろう。

さらに例年に比べ「2017 MAMA」は、ノミネーション審査内容がアップグレードされ、審査部門の名称が変わる。既存の韓国国内での審査基準は、K-POP部門、海外部門はアジア音楽部門へ、ベストラップパフォーマンス部門は、ベストヒップホップ&アーバンミュージック部門へと拡大した。審査基準も強化し、公正性を高められるという。

「MAMA」は、今年で9回目を迎えるアジア最大級の音楽授賞式。1999年にスタートし約10年間は韓国国内で開催していた。その後2009年より名称を「Mnet Asian Music Awards」に変更し、2010年のマカオでの開催を皮切りに、2011年シンガポール、2012年~2016年香港で開催している。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »