ユ・スンホ、今年下半期スタートの新ドラマ「ロボットじゃない」主人公に決定!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

2017年下半期最高の期待作との前評判で注目を集めているMBCの水・木ドラマ「ロボットじゃない」の主役にユ・スンホが決まった。

ドラマ「ロボットじゃない」は、人間アレルギーのせいで女性と付き合ったことがない男がロボットに会って恋に落ちるというロマンチックコメディ。劇中、ユ・スンホは、韓国最大の金融会社の大株主で、顔から体まで完璧な男キム・ミンギュ役を演じる。

先日視聴率1位を記録し、有終の美をおさめたMBC「君主-仮面の主人」で男性美を見せたユ・スンホは、初のロマンチックコメディドラマとなる「ロボットじゃない」で今までとは全く異なるコミカルで若々しいイメージを披露する予定だ。

ユ・スンホのロマンチックコメディ出演を待ち望んでいたファンたちも、今回のキャスティングニュースに期待を高めている。

ロボットという新鮮で新しい素材のドラマ「ロボットじゃない」は、「輝いたり狂ったり」を書いたキム・ソンミ作家とイ・ソクジュン作家が脚本を担当、今年の下半期に韓国で放送される予定だ。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »