Wanna Oneぺ・ジニョン、悪質な投稿に対して強硬な対応を予告!「いかなる善処もない」

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

グループWanna One(ワナワン)のメンバー、ぺ・ジニョンの所属事務所が悪質な投稿に対して強硬な対応を予告した。

ぺ・ジニョンの所属事務所であるC9エンターテイメントは28日、「当社は、現在、ワナワン(WANNA ONE)のメンバーとして活動中のぺ・ジニョン君に対する悪意のあるデマ、人身攻撃発言、セクハラなどが多数のコミュニティで頻繁に発生している点を確認した。まだ未成年者の10代の少年に降り注ぐセクハラがどのような罪悪感もなく、楽しみのために行われているという事実に驚愕を禁じえなかった」と悪質な投稿が相次いでいることを指摘した。

その上で、「法務チームと議論した後、法的対応を決め、ファンの方々がメールで情報提供してくださったPDFと当社で収集した資料をまとめて『情報通信網利用促進及び情報保護等に関する法律に基づくサイバー名誉毀損侮辱罪』で刑事告訴を行う予定だ」と、今後の強硬な対応を示唆した。

また所属事務所は、「該当記事の作成者と拡散者について、いかなる善処もないものであり、その後も継続してデータを収集し、当社アーティストにこれ以上の被害が生じないよう努力していく」と明らかにした。

これに対してファンたちは、「必ず強硬に対応してください!荒らしは処罰する必要がある」、「しっかりと処罰してください」など、所属事務所の姿勢に賛同するコメントを寄せた。

Wanna One(ワナワン)は、27日、日本でデビューアルバム「1×1=1(TO BE ONE)」の「JAPAN EDITION」(日本仕様盤) を発売した。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »