デビューシングル「WITHOUT U」をリリースし、快進撃中のROMEO シングル 収録曲で、日本の学生とコラボした新曲「ORION」をライヴで初披露!

photo © HY ENTERTAINMENT

日本でのデビュー・シングル「WITHOUT U」を7月19日にリリースし、オリコン週間シングルCDランキング初登場7位を記録する等、本年度最も注目されている K-POPボーイ ズ・グループ、ROMEO。
この日は、表題曲「WITHOUT U」とともにファンの間で話題になっていたシングル収録曲「ORION」を、オープンキャンパスで多数の高校生の体験入学で にぎわう東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校(以下、TSM)にてライヴで初披露した。

実はこの楽曲「ORION」は、TSMを含む全国各地で展開する滋慶学園COMグループの学生間で行われた楽曲コンペティションで見事選ばれた楽曲であり、まさに学生とROMEOと の“同世代”コラボレーションとなっている。

当日の模様をレポートする。

この日、TSM9階のホールは10代の学生の熱気に包まれていた。
ROMEOは大きな拍手に迎えられ、「WITHOUT U」「 Roller Coaster」「 Miro」と3曲を披露すると、女子学生を中心に熱い視線がステージに注がれる。
中には口ずさむ学生の姿も見うけられ、ROMEOの人気が急速に高まっているのを感じた。

そして、「ORION」制作の経緯が説明された。今回、「ROMEO日本デビュー・シングル 楽曲制作プロジェクト」には東京、札幌、仙台、名古屋、福岡にある滋慶学園COMグループの音楽系専門学校6校が参加した。

集まった楽曲は37曲で、そのうちTSMの現2年生の5人チーム「葛西3 BOOTH」の曲が「ORION」だった。
ROMEOのメンバーも「優しいメロディーが印象的」と語る「ORION」が披露される。メンバーはしっかり日本語の歌詞も覚え、表現力豊かな歌唱で「ORION」の世界観を聴かせた。
制作に加わった女子学生は瞳を輝かせながら、一緒に歌う。
学生達にとっては感動の瞬間だ ったにちがいない。

イベント終了後は、ROMEO のメンバーと学生達との記念撮影があり、学生が楽曲制作時 の話を披露した。
「葛西 3 BOOTH」のプロデューサーで、中国からの留学生の曹妍馨(そうけんせい)さんは「メンバーの鈴木航海がバラードを作曲するのが得意で、今回採用されてとても嬉しかったです」と語り、作詞を担当した齋藤太賀さんは「ROMEOとファンであるJULIETの架け橋になる曲を作れたらと思い、詞を書きました」と話してくれた。

実際にROMEOのファンからも「ORION が大好きで、私たちの気持ちを代弁してくれているみたい」という感想も聞かれる。
全国のプロモーションでファンが急増しているROMEOだが、今回の学生とのコラボレーションで、さらに確かな絆を築きつつある。

photo © STEER

(以上レポート終わり)

なお今回は楽曲の他に、シングル CD「WITHOUT U」のジャケットアートワークも、姉妹校の東京コミュニケーションアート専門学校の学生チームが手がけており、今回のビジュアル、サウンド双方でのコラボレーションのクオリティの高さが各所で評判を呼んでいる。
これから、ROMEOと同年代の学生チーム双方の活躍の場がますます拡がって行くことは間違いないであろう。

photo © HY ENTERTAINMENT

「WITHOUT U」ミュージック・ビデオ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »