キム・ヒョンジュン(リダ)ファンから「おかえりー!」に笑顔!ニューシングル「風車<re:wind>」発売記念トーク・イベント大盛況!【取材レポ】

今年2月に除隊したキム・ヒョンジュン(リダ)が除隊後初、2年半ぶりとなるニューシングル「風車<re:wind>」を自身の誕生日である6月6日にリリース。

同日、東京・ディファ有明にて、抽選で当選した1100名を迎えてトーク・イベント「キム・ヒョンジュン カミング・バック&Birthdayニューシングル「風車<re:wind>」発売記念トーク・イベント」が行われた。

ゲストにはサッカー好きということで、本田圭佑のものまねでおなじみの、じゅんいち ダビットソンが応援に駆け付けた。

今年4月に行われたソウルで行われたファンミーティングのメイキングVTRが上映されると、MCのYumi氏の案内で黒いロングジャケット姿のキム・ヒョンジュンがファンの前に登場、会場は一気に大熱狂となった。

「みなさん、お久しぶりです。キム・ヒョンジュンです。お元気でしたか?(ファンの歓声に)僕も。」と挨拶。
「ヒョンジュン、おかえりー!」とファンからの掛け声に嬉しそうな笑顔を見せた。

「男らしくなった?」と言われ照れくさそうなヒョンジュン。
前日の5日に来日、空港でのファンの歓迎ぶりに「今回は気楽に来て帰ろうと思ったのですが、大勢のみなさんが迎えてくださいましたので、次に来る時はサングラスを外したりとかしたほうがいいかなと…」と申し訳なさそうに語った。

緊張して昨日は眠れましたか?と聞かれると、
「まったく緊張しませんでした。でも今回のニューシングルを通してみなさんに成熟した姿をお見せしたいと思い努力をしてきました。一段階アップした姿を皆さんにお見せしたいと思いますので、一日も早くステージに立ちたいです。」
と指折り数えてたっぷり7時間寝たことを報告。

「つるつる卵肌!」とMCに言われると驚いた様子で
「2年間軍隊にいる時は日焼け止めもしてなかったし…ファンの皆さんの前に姿を現した時にあまり状態が良くないと思われたらどうしようと思っていましたが、つるつる卵肌と言ってくれたので、これから頑張ってケアをしていこうと思います。」
と嬉しそう。

今日は誕生日でもあり、収録曲すべてセルフプロデュースしたニューシングルのリリース日ということで
「久々のシングルということで、心血を注いで作り上げました。もちろん毎回そうでしたが、今回はなおさら一生懸命作りました。今回ニューシングルを作るにあたって初心に戻ろうという気持ちで、『自然』が思い浮かび、MVや音楽のカラーも自然の感性を取り入れて作っています。」
と自然がキーワードという。

MVに関しては、
「大自然を入れたくて、北極やオーロラ、ニュージーランドの山とかアルプス山脈などの大自然を入れたいなと思ったのですが、経費が掛かるので(笑)現実的に韓国の済州島で撮影しました。」
と答えた。

「風車<re:wind>」のレコーディングでは、
「出来上がった曲を聴いた方が僕の声がハスキーでセクシーになったと言ってくださる方が多かったんです。実はレコーディングの時は喉の調子が良くなかったので、頑張って歌ってみたらこうなったので、危機をチャンスに変えたのかなと思います。なので今はCDと同じようには歌えないんです。(笑)ツアーの後半にはCDのような声になるのではないかと思います。」
というエピソードで笑いを誘った。

明日から始まるツアーへの意気込みについては
「みなさんのために沢山準備をしたのですが、みなさんが聞きたいなと思う曲を考えました。」と会場のファンに何の曲がいいか尋ねると、あまり当たってないようで…「チケットはキャンセルしないでくださいね(笑)」
と言って沸かせた。

ここで「風車<re:wind>」のMVを初上映。
一緒に見ていたヒョンジュンは
「ディスカバリー(大自然、ドキュメンタリー)のチャンネルを見ているようですね。」
と笑わせると、
「謙虚であるべきときは謙虚で。自信があるときは自信があるということも大切なのではないでしょうか。それがこのニューシングルを一緒に作ってくれたみなさんに対する礼儀だと思います。」
と今回のシングルに関わってくれたスタッフにも感謝を伝えた。

また、MVでは私物のアクセサリー(ネックレス)をして撮影したことを明かし、入隊中も身に着けていたもので
「明日のライブでプレゼントします。」
と予告してファンを喜ばせた。

ここで、ヒョンジュンがサッカー好きということで、今回のカム・バックを聞いて駆け付けた本田圭佑のものまねでおなじみの、じゅんいち ダビットソンがゲストとして登場。
会うのは「HOT SUN」のリリースイベント以来3年ぶり2回目という。

3年ぶりに会うヒョンジュンは、じゅんいち ダビットソンに
「全く変わってないですね。年を取らない秘訣が?」
と尋ねると
「3年前はヒョンジュンさんが金髪で逆に髪型が凄く変わりましたね。(自分は)本田圭佑さんが金髪である限り金髪なので、それが変わらない秘訣かなと…」
と答えた。

ヒョンジュンは
「しばらくは黒髪で来年あたりにまた染めようかなと思ってます。」
と今後の髪型について語った。

「僕の好きなチーム一昨日勝ちましたので気分がいいです。」と好きなサッカーの話題となり、じゅんいち ダビットソンから「真司、ちょっと右」という持ちネタを伝授されるとファンは大喜び。

「僕のファンの皆さんをこんなに喜ばせてくれてありがとうございます。」と感謝した。

実はサッカーをやったことがないというじゅんいちダビットソン。
水球をやっていたということで「今度水球をやりましょう」と言われると、ここでもファンは大喜び。
「プールで水着だから?」と会場は大いに盛り上がった。

「笑いでいっぱいにしてくださって心から感謝します。そして明日からシリア戦がありますね。日本選手も怪我をしないで頑張ってほしいと思います。サッカーファンのみなさんも楽しみながら応援していただければと思います。」
と日本のサッカーファンにも気遣いを見せた。

最後は「今日は、お一人お一人、歴史上一番ゆっくりな握手会にしたいと思います。」と言ってファンをさらに喜ばせ大盛況でイベントは終了。

この後に行われた握手会では、待ちに待ったファンと久々の再会をゆっくりと楽しんだ。

6月7日(水)から約2年4か月ぶりとなる17都市20公演の全国ツアーで約45,000人を動員する「KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2017“INNER CORE”」をスタート。今後の更なる活動を大いに期待したい。

【『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2017 “INNER CORE”』
<会場/開催日>
6月7日(水) 静岡市民文化会館大ホール(静岡)
6月13日(火) オリックス劇場(大阪)
6月16日(金) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知)
6月17日(土) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(愛知) ※追加公演
6月19日(月) 中野サンプラザ(東京) ※追加公演
6月22日(木) 仙台サンプラザホール(宮城)
6月24日(土) 新潟テルサ(新潟)
6月27日(火) 大宮ソニックシティ 大ホール(埼玉)
6月29日(木) 広島文化学園HBGホール(広島)
6月30日(金) グランキューブ大阪 メインホール(大阪)
7月3日(月) 福岡サンパレス コンサートホール(福岡)
7月5日(水) パシフィコ横浜 国立大ホール(神奈川)
7月6日(木) パシフィコ横浜 国立大ホール(神奈川)
7月8日(土) サンポートホール高松 大ホール(香川)
7月10日(月) 別府ビーコンプラザ フィルハーモニアホール(大分)
7月13日(木) わくわくホリデーホール(北海道)
7月17日(月) 盛岡市民文化ホール(岩手)
7月19日(水) 市川市文化会館(千葉)
7月21日(金) 栃木県総合文化センター(栃木)
7月24日(月) 神戸国際会館こくさいホール(兵庫)

料金:10,800円(税込)
※全席指定。6歳以上チケット必要、5歳以下のお子様は入場不可。
チケット販売:ローソンチケット

主催:デジタルアドベンチャー
企画制作:デジタルアドベンチャー
制作協力:モストプランニング / キョードープロデューサーズ
協力:KNTV / DATV
<チケットに関するお問合せ>
ローソンチケットインフォメーション 0570-000-777(10:00~20:00)

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »