入院中のBIGBANG T.O.P、転院後に容態回復へ!YG側「あと2週間ほど入院する予定」

薬物の過剰摂取が原因による意志のない状態で発見され病院に入院、世間を驚かせることとなってしまったのBIGBANG(ビックバン)のメンバー、T.O.P(トップ)
現在も治療を継続しているところだが、T.O.P(トップ)の健康状態が回復しつつあることが伝えられた。

12日、T.O.P(トップ)の所属事務所であるYGエンターテイメントの関係者は、
T.O.P(トップ)は、現在入院中の病院で治療を受けている。
病院の医療スタッフによると、2週間程、治療を受けなければならないという所見だ

と明らかにし、
治療の経過に応じて、退院するかどうかも決定するだろう。現時点では(具体的な退院日は)まだ未定だ
とコメントした。

YGエンターテイメントの関係者は、T.O.P(トップ)が転院した病院や、どのような治療を受けているのかについては非公開とした。
現在は、T.O.P(トップ)の母親が看病しているとのことだ。

T.O.P(トップ)は、義務警察として軍服務を開始する前の昨年10月に大麻を喫煙した疑いが明らかになり、在宅起訴された。
これにともない、ソウル警察庁広報担当官室に所属していたが、5日付で、4機動団に再配置された。

T.O.P(トップ)はその翌日となる6日、4機動団部隊内で、普段服用していた精神安定剤を大量に摂取した後、意識が回復せず、梨花女子大学校医科大学付属木洞病院の集中治療室に入院、意識が戻り9日には同病院を後にして他の病院で治療にあたることが明らかにされていた。

T.O.P(トップ)の大麻喫煙疑いによる初公判は29日、ソウル中央地裁で行われる予定だ。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »