2PM ウヨン、ジュノ、チャンソン登壇!「僕たちの友情を感じることが出来るDVDです」『2PM WILD BEAT』DVDリリース記念記者会見【取材レポ】

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

世界中のファンを魅了し続けるアジアNo.1野獣アイドル2PMが6人揃ってオーストラリア旅行をしたファン必見の超貴重なリアリティ・エンターテイメント・バラエティ番組「2PM WILD BEAT~240時間完全密着!
オーストラリア疾風怒濤のバイト旅行~【完全初回限定生産】」Blu-ray&DVD が9月6日(水)にリリースする。

そのリリースを記念して6月17日(土)東京国際フォーラムにて、2PMメンバーのウヨン、ジュノ、チャンソンを迎えて昼夜2回ファンミーティングが行われ、イベントの合間に記者会見が行われた。

DVDを予約をした方から抽選で選ばれた100名が記者会見に招待され、昼公演を終えたウヨン、ジュノ、チャンソンの3人が登壇し記者会見がスタート。
司会は古家 正亨。

Q.昼公演終えていかがでしたか?
ウヨン「まずは『2PM WILD BEAT』DVDをこのようにリリースすることが出来て本当に感謝しております。
1日に2回のファンイベントを行なうことも出来て本当に感謝していますと言う言葉をお伝えしたいです。
1回目の昼のファンミーティング、とても楽しかったのですが、2回目のファンミーティングも沢山期待しているところです。」

Q.予約をされて当選されてラッキーな100名の方が同席の記者会見ですが、特別な雰囲気の記者会見はいかがですか?
ジュノ「いいですね。いいなと思います。
(ファンの控えめな反応に)逆にファンの皆さんが緊張するみたいですかね?」(笑)

Q.メンバー全員での海外旅行を楽しみにオーストラリアに行って撮影されましたが、結局旅費を稼ぐためにバイトすることになったのですが、チャンソンさんから見て一番バイトを頑張ってたのは?
チャンソン「一番バイトを頑張ってたのはジュノですね。(ガッツポーズするジュノ)他の5人のメンバーはバイトする心配しなかったんです。
一番心配してたのがジュノ。
バイトをどうやってするの?という心配を一生懸命やったし…」
ジュノ「みんなで本当に忙しく頑張ったんですけど、なんか僕は毎日毎日、明日のバイトはどうしましょうか?という感じでした。
お金が必要ですけどウルルに行けなかったらどうしようと思って、本当に心配しましたけど僕はみんなを信じました。(笑)」
ージュノさんだけ一生懸命明日の事考えながら頑張ってたみたいですが…
ジュノ「いえいえ、そんなことありません。」
ウヨン・チャンソン「そうですよ」
ジュノ「余裕がなかったと思いますね。」
ウヨン「でもジュノさんのような心配するメンバーがいたから僕たちもアルバイトすることが楽しい時間だったと思います。」
チャンソン「ウヨン君バイトやった?なに?」(笑)
ウヨン「家族の食堂でね…」
チャンソン「皿洗い?あ~やったんだ…」
ウヨン「DVDちょっと観てください」(笑)
チャンソン「思い出しました~」
ジュノ「バイトしか覚えてません」
ーオーストラリアの出来事がバイトの思い出しかないくらいですか?
3人「はい」
ジュノ「観光とか全然できなかったんです。あとで時間が出来たとき、ちゃんといろんな事も経験しましたけど、最初はバイトばかり」
チャンソン「やっぱり去年だから…」
ー去年だからバイトばかりじゃないですよね?
チャンソン「(去年だから)思い出せないんです!すみません」(笑)
ジュノ「古家さん、ちょっと集中してください(笑)…すみません」(笑)

Q.今回の旅で一番感動したことは?
ウヨン「僕はペンギンを見ながら凄く驚いたんですけども、オーストラリアを語るときはやはり大自然が凄いと言われますが、ペンギンを見ながらペンギンが話している言葉を聞き取れるわけではありませんが、彼らの中には彼らのルールがあるというのを感じて、そのペンギンの生活ぶりをみながら大自然ってこういうものなんだなと凄く感じました。」

Q.今回の旅で自分がワイルドだなと思った瞬間は?
ウヨン「今回は僕…王様になったとき、お金を全部持ったから、その時ちょっとだけワイルドな姿を僕一人で見ました。」
ジュノ「僕はやっぱり心配するときワイルドだなと思いました。心配を本当にワイルドにしました!“チャンソン、お金セーブして!”とか、“ウヨン、ちゃんと我慢しなさい!”とか、“みんな明日はこうしよう!”とか、そういう計画を言う時だけワイルドだったんです。」
ーチャンソンさんは?
チャンソン「…ワイ?…一回もワイルドだなという気がしたことはないです。ワイルドビートですけどワイルドじゃなかったです。」(笑)

Q.逆にメンバーでワイルドだなと思った人は?
チャンソン「テギョンさんだと思います。(ウヨンもうなずく)お金使おう!と。でもそんなにお金を使う機会がなかったんです。メルボルンからペンギンのところへ王様になってお金使える場所がなかったんです。あー残念だなって。ワイルドにメンバー一緒の6枚(人)のジャケットを買ったり…ちょっと寒かったですけど。」

Q.オーストラリアに詳しくなった3人に聞きますが、おすすめのデートスポットを教えてください。
ジュノ「やっぱり彼女がいるなら2人でバイトすること」(笑)
チャンソン「バイトでいいの?」
ジュノ「バイトでお金を稼いで一緒に使うこと」
チャンソン「それがデートなの?」
ジュノ「すみません、これはやめましょう…(笑)僕はフィリップアイランド(島)のペンギンパレードに行きたいです。本当になかなか経験できないものが目の前にいるので、それは絶対に時間を作っても一回経験してみたらいいんじゃないかと思います。」
チャンソン「その後は?」
ウヨン「バイト?」
チャンソン「深夜バイト?」(笑)
ジュノ「その後はチャンソンさんが(答えて)…」
チャンソン「(僕は)ペンギンパレード見に行かないよ」(笑)
―たとえばの話です。
チャンソン「(笑)たとえばですね、その後は何しようか?ご飯食べて…よく何します?」
ウヨン「ウルル」
チャンソン「結構遠いですけど大丈夫?」
ウヨン「大丈夫です。ウルル本当に綺麗です。」

Q.オーストラリアで記憶に残ってるご飯は何ですか?
ジュノ「弁当!(笑)弁当ばっかりで」
―チャンソンさんは?
チャンソン「何食べたのか分かりません。記憶ないです。サンドイッチとか…(指を鳴らして)ステーキ!」
―美味しかったですか?オージービーフ?
チャンソン「はい」
ジュノ「オーストラリアのビーフですね…」
―ウヨンさんは何が美味しかったですか?
ウヨン「僕は撮影しながら食事をとる時間が足りなかったので短い時間にレンジで温めるインスタントの白いご飯とシーチキンとキムチとラーメンを食べた思い出しかありません。」
―ほぼオーストラリアに行く必要のないものですね。
ジュノ「そうですね。韓国から持っていきました。」(笑)

Q.今回の旅で触れた動物の中で、韓国に連れて帰りたくなった気に入った動物はありますか?(ペンギン以外で)
ウヨン「アルパカ」
チャンソン「ありました?」
ウヨン「コアラがいた所にいたよね?」
チャンソン「見てなかった…」
―カンガルーはいましたか?持って帰りたくない?
ウヨン「怖いです」
ジュノ「僕は持って帰ります。好きです…好き好き好きですね。」
チャンソン「僕はコアラ。可愛い~」
ジュノ「もともとはコアラは怖い動物なんですよね。性格がちょっと悪かった。」
チャンソン「僕が?」
ジュノ「コアラが」
チャンソン「いや、可愛いです。なんかフワフワして(触りました?)はい、ちょっと匂いしてフワフワして可愛いです。」

Q.DVDを期待してるファンにメッセージをお願いします。

チャンソン「このDVDで日常の中で力と笑いになったら嬉しいです。みなさんありがとうございます。」

ジュノ「本当に自然な姿を見ることが出来るDVDだと思います。ステージの上の僕たちの姿はももちろんあるけど、僕たちの友情を感じることが出来るDVDだと思います。よろしくお願いします。」

ウヨン「僕は個人的に“WILD BEAT”本当に楽しかったから見ました。皆さんも僕たちの大切な思い出が入っているこのワイドルビート(笑)ワイルドビート!楽しんでください。ありがとうございます。」

ファン100名が見守る中、3人の和気あいあいなトークで終始和やかに会見が行われた。また2回のファンミーティング共に満員でトークとゲームで大盛況のイベントとなった。

「2PM WILD BEAT~240時間完全密着!オーストラリア疾風怒濤のバイト旅行~【完全初回限定生産】」Blu-ray&DVD
9月6日(水)リリース
Blu-ray ¥21,000+税  DVD ¥19,000+税
発売・販売元 NBCユニバーサル・エンターテイメント

http://kandera.jp/sp/wild/

Wild Beat ©2017 IHQ media & JYP Pictures. ALL Rights Reserved

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »