キム・ウビン、上咽頭がんの診断を受け治療を開始したことを発表

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

俳優のキム・ウビンが上咽頭がんの診断を受け、治療に入っていることが明らかになった。

今月24日、キム・ウビンの所属事務所であるsidusHQは「キム・ウビンが最近スケジュールをこなす中で体調に異変を感じ、病院を訪れた。その結果、上咽頭がんの診断を受けた」と伝えた。

所属事務所は、「幸い早期発見であったため、現在、薬物治療と放射線治療を開始した。治療に専念し、再び元気な姿でお会いするまで早い回復を祈ってほしい」と現在のキム・ウビンの状況を報告した。

キム・ウビンは、昨年KBSドラマ「むやみに切なく」と映画「MASTER マスター」に出演した。また、最近イ・ジョンジェとの共演作となる映画「盗聴」への出演が決定していた。

映画「盗聴」について、所属事務所は、「治療に専念するために予定されていたスケジュールは、協議中だ」と説明、「盗聴」の投資配給会社も、「キム・ウビンの快復が最優先事項だ。キム・ウビンが戻ってくるまで、クランクインを先送りすることを製作会社と協議した」と伝えている。

またキム・ウビンと交際中の女優シン・ミナは、24日、所属事務所を通して、「キム・ウビンが治療を受けれるよう手助けしている」と明らかにしている。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »