世界最大級のK-Cultureフェスティバル5月19日(金)、20(土)、21日(日)幕張メッセで開催『KCON 2017 JAPAN』3日間で48,500人を集客、大盛況のうちに閉幕

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

5月19日(金)より3日間、 幕張メッセにて開催された、世界最大級のK-Cultureフェスティバル『KCON 2017 JAPAN』は、146チーム500人の文化人と122社がブースを出展し、来場者数48,500人をもって終了した。

「KCON」は、2012年から6年間、13回に渡り、北米、中南米、中東、ヨーロッパ、アジアなど世界各地で開催。
日本では2015年のさいたまスーパーアリーナでの開催を皮切りに、毎年規模を拡大し、3年目となる今年は3日間の開催となった。

毎日、午前10時から午後6時まで開催されたコンベンションでは、『韓国の多様なライフスタイル(K-Culture)を体験する』をテーマに、韓国の伝統楽器ソヘグムの演奏、小顔作りメイクアップショー、伝統衣装である韓服のファッションショー、韓国の伝統的な髪飾りペッシデンギ作り、さらに韓流に関わりの深い人物を招いてのトークショー、K-POPカバーダンスやK-POPアーティストと俳優たちのMEET&GREETまで、各ステージとブースに分かれて多種多様な内容のプログラムを開催した。

また、夜に開催されたWorld No.1 Chart Show「M COUNTDOWN」ライブも3日間で総勢27組のアーティストが参加し、総数23,500名の観客を魅了した。

一方、デジタルに慣れ親しんでいる若年層のために、様々なデジタルコンテンツも展開。
日韓で人気の高い20人のYouTubeクリエイター達がコンベンションに参加し、韓国のおいしいインスタント料理の紹介、日韓カップルが感じる文化の違いについてなど、様々なテーマでトークを展開し、「LINE LIVE」で生中継した。

また、韓国Mnetのデジタルコンテンツ「M2」のFacebookを通じて人気アーティストが出演するレッドカーペットを無料で生中継した。

韓国観光公社、江原道、京畿道などの政府機関もKCONに参加し、「2018平昌冬季オリンピック」の開催成功のために広報ブースを展開した。
韓国コンテンツ振興院は、アーティストを招聘してのステージの展や、韓国ドラマの上映会を行うなど、コンテンツの宣伝を広く行った。

世界各地で開催している『KCON』は、3月のメキシコ、5月の日本に引き続き、6月23日と24日にはアメリカのニューヨークで、8月18日から20日までの三日間に、アメリカのロサンゼルス、9月にはオーストラリアで開催される予定となっている。

[放送情報]
『KCON 2017 JAPAN × M COUNTDOWN』
CS放送 Mnetにて放送
2017年5月25日(木) 18:00~20:30 (予定) ※字幕なし
再放送: 5月27日(土)深1:00~ ※字幕なし
5月28日(日) 21:00~、 5月30日(火) 10:30~ ※字幕あり
※終了時間は変更になる可能性あり
2017年Mnet Korea/各150分(予定) /日韓同時放送・配信

『KCON 2017 JAPAN』
コンベンションの模様は2017年7月より順次放送される予定

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »