『あの日、兄貴が灯した光』キャスト挨拶映像&D.O.が歌うED曲MV解禁!

アジアを中心に世界的な注目を浴びる次世代グループEXOのD.O.×実力派俳優チョ・ジョンソク共演の話題作『あの日、兄貴が灯した光』がいよいよ5月19日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国順次公開となる。

公開を前に、キャスト3人のコメント映像とチョ・ジョンソク&D.O.が歌うエンディングMV(日本語字幕付き)が現在、公開中だ。
国家代表の柔道選手としてオリンピックを目指す弟と、詐欺前科10犯で服役中の兄。奇しくも弟が夢を失うことで15年ぶりの再会を果たした兄弟の間には、決して打ち解けられない秘密があった…。

本作は、互いに再会を望んでいなかった、他人よりも遠い存在の兄弟が、憎しみ合いながらも徐々に心を通わせていく、兄弟の絆を描いた物語。柔道一筋で真面目な性格の弟ドゥヨンに、アジアを中心に世界的な注目を浴びる次世代グループEXOのメインボーカルでありながら『明日へ』、『純情』などスクリーンでも活躍し続けるD.O.。

そして、詐欺師として生きてきて、弟の金さえ騙し取ろうとするチンピラ兄貴ドゥシクには、『建築学概論』などで幅広い演技力をみせ、いま韓国で最も注目される俳優チョ・ジョンソク。

また、失明したドゥヨンを支える柔道コーチを『7番房の奇跡』やドラマ「ピノキオ」などで20代最高の女優に選ばれるパク・シネが演じ、物語により一層深みを与えている。

映画のキャラクターを彷彿とさせる仲の良い雰囲気が漂うチョ・ジョンソク、D.O.、パク・シネのメインキャスト3人のコメントは、映画への期待感をより一層引き立てるものとなっている。 

チョ・ジョンソクとD.O.が歌うエンディングテーマ「心配しないでください、あなた」のMV楽曲は、弟ドゥヨンが兄ドゥシクにメッセージを伝える曲となっており、音楽監督の「チョ・ジョンソクとD.O.ではなくドゥヨンとドゥシクとして歌ってほしい」との要望を2人は見事に表現し感動的な楽曲として仕上がっている。

D.O.は「最後に兄さんと僕の声が響いたらどれほど大きなシナジーがうまれるかと思っていました。ジョンソク兄さんもとても歌が上手いので一緒に歌えたらと常に考えていました」とコメント、一方のチョ・ジョンソクは「D.O.は本当のドゥヨンとして、僕はドゥシクとして歌った。言葉で表現することができないくらい良い経験だった」とエンディングテーマの魅力を語っている。
日本語に訳された歌詞の内容にも注目だ。

『あの日、兄貴が灯した光』D.O×チョ・ジョンソク×パク・シネ挨拶映像&エンディング曲MV

『あの日、兄貴が灯した光』
監督:クォン・スギョン『裸足のギボン』 
脚本:ユ・ヨンア『7番房の奇跡』         
出演:
チョ・ジョンソク『建築学概論』 
D.O.(EXO)『純情』 
パク・シネ『7番房の奇跡』
配給:CJ Entertainment Japan
5月19日(金)、TOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショー
(c)2016 CJ E&M CORPORATION,CHOICE CUT PICTURES All Rights Reserved 

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »