コン・ユ&キム・ゴウン主演ドラマ「鬼」、VOD売上140億ウォンで歴代ドラマ最高を記録!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

今年1月に韓国で放送を終了した大ヒットtvNドラマ「鬼」のビデオ・オン・デマンド(VOD)の売上高が歴代ドラマ最高記録を打ち立てた。

26日、ケーブルテレビ・IPTV業界によると、昨年12月から今年2月までの16部作ドラマ「鬼」のビデオ・オン・デマンド(VOD)売上高は140億ウォンと集計された。1話当たり9億ウォンに近い数値となる。
売上高は、利用者数で計算した場合、1,500万人以上が見たことになり、地上波とケーブルテレビを含めて歴代売上最高記録となった。

昨年放送されたtvN「応答せよ1988」が1話当たり3億ウォン以上の売上で、20部作全体ビデオ・オン・デマンド(VOD)売上高が約70億ウォンだった。また関連業界では、KBS「太陽の末裔」、「応答せよ1988」のビデオ・オン・デマンド(VOD)売上高が似ていると見ているが正確な売上高は公開されていない。

ドラマ「鬼」は、不滅の命を終えるために人間の新婦が必要な鬼(コン・ユ)と記憶喪失症にかかった死神(イ・ドンウク)、そして鬼の花嫁としての運命の少女ウンタク(キム・ゴウン)のストーリが描かれ、ドラマだけでなくOSTや書籍、ドラマ関連グッズとしてぬいぐるみやアクセサリーなども大ヒットした。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »