超新星のソンジェ初主演、ちすん初韓国映画と初物尽くしの縁が結ぶスイートロマンス 「Guest House」舞台挨拶@美浜ブンプレックス

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

4 月 22 日(土)、北谷町のミハマ 7 プレックスで特別招待作品『Guest House』の上映があ り、上映後に行われた舞台挨拶に主演を務めた超新星のソンジェさん、ちすん、武田裕光、 チョ・ソンギュ監督が登壇しました。

今作は人気韓流アイドルグループ超新星のソンジェさん初単独主演作品とあって、劇場に はソンジェさんを一目見ようと全国各地から女性ファンが集まっていました。またヒロインを演じたちすんにとっては初めての韓国映画。チョ・ソンギュ監督は「ふたりの初物尽 くしの縁と、私がふたりに会えたこと、そしてヒロ(武田)とも会えて楽しむことができた」 と作品がつないだ縁を楽しんでいる様子でした。

ロケ地となったカンヌンでは、それまでも 3 回撮影に使ったことがあると話すチョ・ソン ギュ監督。他の場所で撮影を考えていたそうですが、 「脚本の条件として、主演にソンジェ さん、相手役に日本の女性というのがあり、最初はパン屋の話にしようと思ったが、考えるうちにしっくり来なくなって、やはり大好きなカンヌンを舞台にした方がいいと思った。
結果的にはカンヌンの景色も、ふたりに似合う素敵な映画ができた」とカンヌンへの思い を伝えてくれました。

ソンジェさんは役作りについて「現実と夢のはざまで揺れる役だったが、現実にもそういう人が多いと思う。僕もそうなので、そういう気持ちを込めました」と、役と自分自身を重ねあわせて話しました。英語を話すシーンについてちすんは「ひどくなかったですかぁ ~?(笑) 自分で見ていてドキドキしました。自分だけでなく、ソンジェも英語は苦労して いました。お互い、何を話しているのかわからず演じていました」と裏話を披露すると、 出演者も客席も大笑い。

武田は「撮影には後から合流したけど、みんな酒しか飲んでない印象。ソンジェもちすんもスゴイ飲む」とふたりの意外な一面を披露すると、チョ・ソンギュ監督は「自分は飲ま なかった」とオチを付けていました。

最後にソンジェさんは「来月、映画のファンミーティングもあるので、ぜひ来て欲しい」 と話し、監督も「また、このメンバーと撮影したい」と、まるで“Guest House”のようなフレンドリーで温かい雰囲気の舞台挨拶となりました。

沖縄国際映画祭
《那覇国際通り レッドカーペット》
日時:  4月23日(日)12:00〜
会場:  国際通り[那覇市] 出演:  ソンジェ(超新星)・ちすん・武田裕光・チョ ソンギュ監督

《上映・舞台挨拶》
日時:4月22日(土)
開場:16:00  上映・舞台挨拶:16:20~
会場:ミハマ7プレックス(沖縄県中頭郡北谷町美浜8-7 北谷町アメリカンビレッジ内)
登壇:ソンジェ(超新星)・ちすん・武田裕光・チョ ソンギュ監督

写真:©『Guest House』製作委員会(レットカーペットより)

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »