ユナク(超新星)、平埜生成の「チューしていいですか?」に動揺!? 大東駿介、村上淳も登壇 BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「バウンサー」第1話完成披露試写会【取材レポ】

『BSスカパー! オリジナル連続ドラマ「バウンサー」』(4月14日放送開始)の完成披露試写会が4月10日(月)都内で開催され、抽選で選ばれた一般参加者を前に、W主演の平埜生成ユナク(超新星)に加え、演技派俳優の大東駿介村上淳が登壇し、アクションシーン、メイキング映像を観ながらのトークイベントと本作の第1話を先行上映。イベント直前には合同取材会も行われた。

本作は、舞台を中心に、ドラマ・映画で活躍している「平埜生成(獅子戸丈一郎 役)」と、男性ダンスヴォーカルグループ・超新星でリーダーを務め、映画やドラマ、ミュージカルなどに俳優としても活躍中の「ユナク(蜂野信也 役)」のW主演。アウトローたちの群像劇が大ヒットする昨今、不良やヤクザではなく「アウトロー×職業モノ」として新しいジャンルを開拓した原作を元に、大ヒットメーカーである熊澤尚人監督が外連味溢れるアクションと若手俳優たちが競演する“骨太アウトロー職業ドラマ”となっている。

左から 大東駿介、平埜生成、ユナク、村上淳

トークイベント直前にはマスコミに向けに合同取材会が行われた。

Q.ドラマの見どころは?

平埜生成(獅子戸丈一 役)「テレビで見る映画みたいな感じで、CMがない」ユナク(蜂野信也 役)「アクションドラマで女優さんがいない、男同士の愛や友情」大東駿介(柿根陽介 役)「若い役者が多い、いろんなチームがあってその中に緊張感がつねに漂っていて面白い」村上淳(鰐渕剛志 役)「各役者たちの作り込みプラスそれが体に馴染んでいる俳優の目の美しさだと思います。」Q.それぞれ役を演じてみた感想は?

平埜「僕の役は窮屈なんだなと思いながら演じました」

ユナク「プライド、IQ、ツンデレ、男なら一回はやってみたい役だと思うんですが、強いし殴られないし、凄い楽しくやったのですが、普通のユナクはプライドもIQも高くないし…」
村上「でもツンデレでしょ?」
ユナク「かな?(笑)どうですかね~」

大東「僕の役は原作に登場してるんですけど、まだそんなに広がってなくて、その中でも人の心が読めるというなかなか難しい役なんですが、漫画を実写化することになって、いかに人間味を持って演じられるかです。」

村上「僕も大東君と同じで、これは生身の役者がやり、人間と人間の群像劇だと思っているので、1つの役を渡されてみんなの足を引っ張らないようにやりました。」Q.ハードな内容かと思いますが、撮影中のストレス発散方法は?

平埜「発散できなかったんです。ストレスを抱える役でもあるし…いい言い方をしました。」

村上「アクションをやらせてもらいましたが、あまりストレスはありませんでした。性格なんでしょうかね。」

ユナク「僕はセリフを覚えるのが一番大変でした。初の日本人役なのでプレッシャーはあったんですけど、ストレス発散は甘いものをいっぱい食べました。チョコを毎日食べました。(笑)」

大東「ストレスが溜まることはなかったんですけど、ずっと地方で泊まり込みで撮影していてホテルにマッサージチェアがあったのでチェアでずっとぼーっとしていたら、1,2時間寝てしまって、気づいたら横でスタッフさんも寝ていました。(笑)あとはユナクさんの話を聞くのが面白くてそれは楽しかったですね。何の話かは言えないですけど(笑)」

Q.ユナクさんは初めての日本人役ということで苦労された点と、みなさんから見たユナクさんの日本人役はどうでしたか?

ユナク「設定はアメリカにずっと住んでいた日本人役なので、ちょっとイントネーションがアメリカ人ぽい感じで英語も喋らないといけなかったんです。英語はあまり得意じゃないのでアメリカに住んでいる友達に台本を送ってネイティブな発音を教えてほしいと頼んだら文法的な感じで返してきたので、感情入れてもう一回お願いしたら、その知り合いの役者さんが送ってくれました。日本語は周りのスタッフさんが、ちがう!ちがう!『ツ』がおかしい!イントネーションがおかしい!と苦労しました。撮影終わってから2時間セリフの勉強しなきゃいけなかったので、スタッフさんと遊びに行きたかったんですけど出来ませんでした。」

平埜「ユナクさんが現場でイントネーションのことをずっと言ってたんですが、芝居を見たときに、言葉を超えるなというか、芝居ってすごいんだなと実感するくらい素晴らしかったです。」
村上「ユナクの苦労はもちろん現場で感じてましたけど、現場で受ける波動が感情に乗ってきてるのでイントネーションとかも入ってきましたし、すごく努力されてるのかなと思いました。」
大東「面白かったんですけど、やっぱり国が違うとリズムとかちょっと違うんですね。日本人でもみんな違うんですが、それでも違うムードがあって、それにちょっと触発されたところがあってユナクさんの魅力が凄いと思ったのは、甘いときはとにかく甘いんですけど、これ以上超えたらあかんと言うような緊張感がずば抜けてて、芝居の中ですが、これ以上やったらやられるみたいなバランスが一緒に芝居してて面白かったですね。」Q.アクションシーンがあるということで、体を鍛えたことや、ユナクさんのサービスシーンがあるそうですが?

村上「僕はどの作品でも原作を読まないようにするんですけど、衣装合わせでちらっとコマが見えるときがあるんですが、それが厳つい役で80日きっちりあったので、出来る限りやったというマインドがその役を助けてくれたというか、僕はそんなにサービスカットもないですし、なんで朝寒いのに人を殴ってるんだ?というのはありました。気を許すと脱いじゃおうかなという雰囲気だったんですが、僕は食い止めました。(笑)僕みたいなおじさんは隠さないと。ユナクは素晴らしいのでみなさん喜ぶでしょうね。そこだけのDVD特典も考えてるので(笑)」

ユナク「今回3回くらいそういうシーンがありまして、お尻まで出して、というシーンもあったんですけど、いろいろありまして、半分くらいいいんじゃない?と結構面白かったんですけど(笑)筋トレは毎日してて、日本語のセリフの勉強が終わって1時間、ホテルの部屋がジムになってて、ダンベルとか器具を買ってきてやってたんですけど、村上淳さんがプロテインをいっぱい飲むと大きくなるよと言ってくださったので、1日1回を、1日3回飲んだら本当に胸とか肩のあたりが大きくなって上手く撮影できました。」
村上「トレーニングしている倍くらいになるね。」

平埜「ユナクさんの体が凄すぎて役的にやばいなと思って、なるべく長袖を着ていました。」
村上「2人は待ち時間に筋トレしてるんですよ。生成君はユナク君の倍、やってるんですけど、食事制限をしてるから大きくなるはずがないんですよ(笑)2、3日様子を見て、『生成君、大きくならないよ』と言ったら『え!?』って言って」(笑)
ユナク「毎日現場で凄い頑張ってたけど食べないから、大きくはならないですね。」
平埜「撮影中ユナクさんが一週間くらい抜ける時があって、ダンベルを借りてやってました。」

大東「僕は何もしてなかったです。駒木根君と近くのラーメン屋を探してました。あとは走るくらいしか(笑)マッサージチェアがあったところがちょうどユナクさんの部屋の階で、ちょうどユナクさんが部屋に帰るときで、俺がマッサージチェアしてる時にユナクさんはトレーニングしてたんだと思うと申し訳ないです。(笑)」

Q.女性向けにご自身の胸キュンのシーンはありますか?

村上「大東君と僕の8話の回は。より男臭くて、男にしか分からない何かの度数が高いので逆にそういうのは女性が好きなんじゃないかと思うんです。(どんなシーンですか?)拳銃に球を込めて狙いを定めて打ったり…(笑)同性愛ではないですが、友情に見えてきたり切っても切れない縁だったり運命的なバディに見えたりするので、8話は『外伝』で話を少し切り離してるので、これがないと1話に繋がらないんですが、大東君という素晴らしい役者さんと出来たので楽しみです。1話から見て8話に繋がっていく醍醐味がこの作品にはあるんじゃないかと思います。」ユナク「生成君は今回着てないんですが他の3人はスーツ姿が多くて、みんな肩も広くておしゃれでカッコいいので、僕もダブルジャケットにすれば良かったなと言ってたんですが、みんなのスーツ姿が素晴らしくてそれが日本の女子の心がどうなのか分かりませんけど、向こう(韓国)ではスーツの姿がオシャレな人が好きなので、今回のバウンサーのスーツ姿がキュンとくるんじゃないかと思います。」平埜「これは僕の癖かもしれないですが、僕の役にしかなかったのですが、クラブのお店に来る女性客の方がいて、その女性がユナクさんのところに並んで、僕のところには男の人しか並ばないんですが…キュンと来ないですか?(笑)」大東「監督がアクションが初めてで、普段は青春ものだったりラブストーリーが得意とされている人なので、撮り方は本当に激しくてかっこいい男を切り抜いてくれているんですが、女子に対して優しいというか置いていかないので見やすいと思います。漫画原作というのもありますが、個性的な男子が揃っているので、あなたのお好みは誰ですか?と言う感じです。」

次はトークイベントへ
⇒2ページ目に続きます!

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ:

1

2
ページ上部へ戻る
Translate »