TEENTOPチョンジ&キム・ナムホが公開舞台稽古で熱演!ミュージカル『マイ・バケットリスト』日本初上演!【取材レポ】

2016年2月25日から東京シーサイドフェスティバルホールにて上演中の韓国で大絶賛のヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』。記念すべき日本初上演の今回は、日本でも高い人気のK-POPグループTEENTOPのチョンジ、BOYFRIENDのドンヒョンをはじめ、実力派若手ミュージカル俳優の競演が実現。開幕前日の2月24日(金)にマスコミ向けの公開舞台稽古が行われ、初日公演を務めるカング役のキム・ナムホとヘギ役のTEENTOPチョンジの2人がメインシーンを中心に感動的なミュージカルナンバーを熱演した。 ミュージカル『マイ・バケットリスト』は人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する【プラシーボ・プロジェクト】を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。2014年に韓国の新たな演劇が生まれる場所と言われる大学路(テハンノ)で初演され、2015年、2016年に再演された2人芝居の韓国で話題のヒューマン・コメディ・バディミュージカル。

2017年2月25日から3月12日まで、お台場・東京シーサイドフェスティバルホールBにて日本初上演中!

【ストーリー】
少年院から出所したばかりの不良少年でロッカーのカング。生きることにうんざりして自殺を試みようとしたときにかかってきた一本の電話。なんと自分が死に至るウイルスに感染したというのだ。急いで病院に向かったカングは、悪性腫瘍患者で“リアルに余命宣告された少年”ヘギに出会う。残された時間で死ぬ前に絶対にやってみたいこと=バケットリストを実行していたヘギは、自身が死んでも悲しまないだろうカングに、高額のアルバイト料と引き換えに自分のバケットリストを実行する旅に誘う。2人はヘギのバケットリストを実行する『プラシーボ・プロジェクト』を始めるのだが…
タイトル:『マイ・バケットリスト』
期間:2017年2月25日(土)~2017年3月12日(日)
※2月27日(月)、28(火)、3月6日(月)、7日(火)休演
会場:東京シーサイドフェスティバルホールB@お台場 (〒135-0064東京都江東区青海1丁目2)

出演者
カング役(トリプルキャスト)/ドンヒョン(BOYFRIEND)、キム・ナムホ、チュ・ミンジン
ヘギ役(Wキャスト)/チョンジ(TEENTOP)、パク・シファン

■キム・ナムホ&チョンジ
2月25日(土)13:00開場/14:00開演  17:00開場/18:00開演
2月26日(日)14:00開場/15:00開演
3月1日(水)18:00開場/19:00開演
3月4日(土)17:00開場/18:00開演
3月5日(日)14:00開場/15:00開演(追加公演)
■チュ・ミンジン&チョンジ
3月2日(木)18:00開場/19:00開演
3月3日(金)18:00開場/19:00開演
3月4日(土)13:00開場/14:00開演
■ドンヒョン&パク・シファン
3月8日(水)18:00開場/19:00開演
3月9日(木)18:00開場/19:00開演
3月10日(金)18:00開場/19:00開演
3月11日(土)13:00開場/14:00開演 17:00開場/18:00開演
3月12日(日)14:00開場/15:00開演

上演:韓国語上演/日本語字幕
プロデューサー:カン・ビョンウォン  原案:ホ・ジンウォン
作曲:キム・ヘソン 作家:チェ・ウニ  作詞:ホ・ジンウォン、チェ・ウニ、キム・ヒョヌ
演出:キム・ヒョヌ 音楽監督:チョン・ミョンジン 振付:イ・ジョンヒョク
主催:株式会社コンテンツレインジ、株式会社東京シーサイド文化事業団
制作:LIVE株式会社、MOREIN Group Inc.
後援:韓国文化芸術委員会、newborn、駐日韓国大使館 韓国文化院(申請中)
宣伝:合同会社MIDUMU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »