キム・ミニ主演の映画「夜の海辺で一人」、公開初週に2万人の観客を動員


キム・ミニ主演の映画「夜の海辺で一人」が公開初週に2万人の観客を動員した。

27日午前、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークの集計によると、「夜の浜辺で一人」は、24日から26日までに128のスクリーンで上映され、2万13人の観客を動員し、ボックスオフィス8位となった。

これは、「夜の海辺で一人」より多くのスクリーンで上映された「アウトバーン AUTOBAHN」や「Three Little Pigs and the Magic Lamp(子豚の3兄弟と魔法のランプ)」を上回るもので、低予算映画にもかかわらず注目を集めていることがこの数値から読み取れる。

23日の公開初日には、5,020人を動員し、ホン・サンス監督の映画の中で「浜辺の女」以後、11年ぶりに公開初日の最高記録を樹立した。

映画「夜の海辺で一人」は、既婚男性の映画監督との関係で悩みに陥った女優ヨンヒ(キム・ミニ)のストーリーを描く。
この映画は、第67回ベルリン国際映画祭でキム・ミニが主演女優賞を受賞しただけでなく、ホン・サンス監督とキム・ミニが映画の記者会見で不倫の事実を公式に認め、自伝的映画ではないかとの声も上がったことで、より一層映画に対する好奇心と話題を集めていた。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »