ヒョナ、Trouble Makerに続く新プロジェクトグループ結成を発表、5月にリリース予定

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

歌手ヒョナが第2の「Trouble Maker(トラブル・メーカー)」を結成する。

29日、韓国メディアは一斉に、「ヒョナがBEAST(ビースト)出身のチャン・ヒョンスンと結成したTrouble Maker(トラブル・メーカー)に続いて、新たなプロジェクトのグループを5月にリリースする予定」であると報道した。
また、報道では芸能関係者の言葉として、「ヒョナを主軸に4年ぶりに新たに結成する混成ユニットで同じ所属事務所の歌手が参加する予定だ」と伝えられた。

一方、報道を受けヒョナの所属事務所は、「ヒョナのアルバム発売時期は、正確にまだ決まっていない。4月末を目標に詰めの準備の真っ最中だ。遅くとも5月初めにはカムバックする。チャン・ヒョンスンではない、別のメンバーとのプロジェクトグループを準備している」とコメントした。

2011年に結成されたTrouble Maker(トラブル・メーカー)は、ヒョナとチャン・ヒョンスンの二人からなる男女混成デュオとしては珍しく、セクシーパフォーマンスをコンセプトにして大きな話題を呼んだ。
最初の曲「Trouble Maker」は、二人の華麗なカップルダンスが大ヒット、2013年にも「明日はない」で10の音楽チャートでトップを飾るなど、人気を集めた。

昨年、ガールズグループ4Minute(フォーミニッツ)の解散後、ソロ活動を行っているヒョナは、先月、ソウルでデビュー10周年記念の無料ファンミーティングを開催した。また今月、北米8都市を回るファンミーティングを終え韓国に帰国した。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »