ペ・ドゥナ、ソン・ガンホ&チョ・ジョンソク出演映画「麻薬王」への出演を検討中!

 女優ペ・ドゥナが映画「麻薬王」への出演を検討していることが明らかになった。

15日、ペ・ドゥナ側の関係者は、「ペ・ドゥナは映画『麻薬王』(監督:オミンホ)への出演を検討中だ。良い作品であるだけに、前向きに検討している状況だ」とコメントした。

映画「麻薬王」は、1970年代の釜山(プサン)を時代背景にした麻薬王の物語で、映画「インサイダーズ/内部者たち」のオ・ミンホ監督の新作だ。主人公のイ・トゥサム役にソン・ガンホが出演を決定しており、映画の中で麻薬密輸事件の中心となる人物を演じる予定だ。

この他にチョ・ジョンソクが麻薬犯を追う検事、キム・ソジンは、イ・トゥサムの妻、イ・ソンミンは麻薬班の刑事、ユン・ジェムンは、朝鮮総連系のヤクザ、イ・フイジュンは麻薬流通業者なども映画への出演を予定している。

ペ・ドゥナは、映画「麻薬王」でイ・トゥサムの内縁の女のキム・ジョンア役への出演オファーを受けている状態だという。

映画「麻薬王」は、キャスティングを終えた後、5月にクランクインする予定だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »