Zion.T、ニューアルバム「O O」のタイトル曲「歌」など8つの音楽サイトで1位に!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

歌手Zion.T(ジャイアンティ)が旋風を巻き起こしていたドラマ「鬼」OSTを遂に抜いた。

1日0時、Zion.T(ジャイアンティ)はニューアルバム「O O」を公開、タイトル曲の「歌」とBIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン)がフィーチャリングした「Complex」が8つの音楽サイトでリアルタイムチャート1位を記録した。

タイトル曲である「歌」は、Melon、Genie、Mnet、Naver、Bugs、Soribada、Monkey3などの7つのサイトで「COMPLEX」は、Ollehで1位を記録した。

今回のアルバムは、タイトル曲「歌」をはじめ、「映画館」、「COMEDIAN」、「ごめん」、「悪いやつら」、「COMPLEX」、「風[2015]」など全7曲が収録されている。Zion.T(ジャイアンティ)がすべて作詞・作曲に参加している。

タイトル曲の「歌」は、Zion.T(ジャイアンティ)独特の個性あふれる、自由奔放なメロディーで、ユニークな音楽カラーが表現されている。「この曲は有名にならないでほしい」という印象的な歌詞が耳に残る楽曲だ。
また「歌」と共に注目される曲はG-DRAGON(ジードラゴン)がフィーチャリングに参加した「COMPLEX」は、人であれば誰でも持っているコンプレックスに自分の素直な気持ちを表現した強い印象を残す曲だ。

Zion.T(ジャイアンティ)の曲を聴いた音楽ファンは、「Zion.T(ジャイアンティ)は、単純に歌が上手いだけの歌手じゃなくて、音楽的センスの有るアーティストだということを改めて感じる」、「全曲がタイトル曲といっていいくらい!」など、熱い反応を見せた。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »