パク・ボゴム、映画「徐福」に出演なるか!?所属事務所側の公式の立場は?

パク・ボゴムが映画「徐福」(監督:イ・ヨンジュ) の主人公候補に名前があがっていることが明らかになった。

6日、韓国メディアは、「パク・ボゴムが映画『徐福』の主人公にキャスティング中」であると報道した。

報道を受け所属事務所の関係者は、「パク・ボゴムが『徐福』への出演オファーを受けたことは事実だ。ただし、検討中の複数の作品の中の1つであるだけで決まったことはない」とコメントした。

映画「徐福」は、観客410万人を動員して大ヒットを記録した映画「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督の5年ぶりの新作。
約100億ウォンの予算が投入される大作となる予定だ。
同作は、不老不死を夢見る秦の始皇帝の願いを叶えるため船に乗って薬を探しに行ったが、戻ってこなかったという徐福の伝説を現代風に再解釈したストーリー。2017年半ばにクランクインする予定で、公開日はまだ決まっていない。

昨年10月に放送を終了したKBSドラマ「雲が描いた月明かり」での高い演技力が好評を受けたパク・ボゴムと2012年に大ヒットした「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督がタッグを組むのではないのかと映画界では、期待が集まっている。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »