チョン・ウソン&チョ・インソン主演映画「ザ・キング」、観客動員数200万人突破!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

チョン・ウソンとチョ・インソンが主演を務める映画「ザ・キング」が公開6日で観客動員数200万人突破した。

24日、映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークの集計結果によると、映画「ザ・キング」(監督:ハン・ジェリム)は、23日の1日で16万3,608人の観客動員数を記録し、累積観客動員数は201万6,527人となり、ボックスオフィス1位となった。

映画「ザ・キング」は、大きな権力を掌握することを企むテス(チョ・インソン)が、韓国を牛耳る権力の頂点にいるハン・ガンシク(チョン・ウソン)に出会い、世界の王になろうと奮闘する過程を描く。
チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、リュ・ジュンヨルらが出演、公開からわずか6日で観客動員数200万人を突破しヒットを飛ばしている。

「ザ・キング」の後を追うのは、ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョクが出演した映画「共助」。同じ期間に13万8,417人を動員し、累積観客数は129万2,418人を記録した。
「共助」は、同日に公開された「ザ・キング」に若干押され気味ではあるものの、その人気は冷めることを知らず、今後の記録の伸びに期待が集まっている。

続いて3位は、4万399人を記録したディズニー映画「モアナと伝説の海」で累積観客数は129万937人となった。
観客動員数300万人を突破し韓国でも人気を集めている日本映画「君の名は。」はこの日、4位という結果になった。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »