アン・ジェウク×「ロマンスが必要」シリーズ脚本家 「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」日本版DVD4月発売に

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

韓流TOP スター アン・ジェウク×「ロマンスが必要」シリーズ脚本家が、子持ちシングルたちの新たな恋を描いたドラマ「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5 人!?」のDVDリリースが決まった。

安定した人気を誇る韓流TOP スター、アン・ジェウクの魅力がいっぱい!
韓流第一世代としてペ・ヨンジュンらとともに日本でも根強い人気を誇るアン・ジェウクが、「光と影」以来4 年ぶりにドラマ出演!2016 年のAPAN STAR AWARDS”で、見事、男性最優秀演技賞の栄誉に輝きその実力を見せつけた。
2016 年度 韓国テレビドラマ 平均視聴率No.1!(TNmS 全国リサーチ)で、放送開始と同時に高い評価を受け、毎回、最高視聴率を塗り替えるほどに視聴率もうなぎ上りとなった本作。本作でオレ様なゴルファーを演じて大ブレイクしたソンフンにも注目だ。

★安定した人気を誇る韓流TOP スター、アン・ジェウクの魅力がいっぱい!
韓流第一世代としてペ・ヨンジュンらとともに日本でも根強い人気を誇るアン・ジェウクが、「光と
影」以来4 年ぶりにドラマ出演! 実生活でも一児のパパとなった彼が、2 人の子どもを抱えた
やもめ男に扮し、新たな女性に次第に心が揺れていく様子をスイートに好演! 2016 年の
APAN STAR AWARDS”で、見事、男性最優秀演技賞の栄誉に輝いた!

★2016 年度 韓国テレビドラマ 平均視聴率No.1!(TNmS 全国リサーチ)圧倒的人気と共感を獲得した、大ヒットHAPPY?ラブコメディ!
放送開始と同時に高い評価を受け、毎回、最高視聴率を塗り替えるほどに視聴率もうなぎ上りとなった本作。子持ちシングル同士の再婚ロマンスとともに、家族の絆、若い世代のラブや人生の悩みごとなどもきめ細かく描き、幅広い世代から圧倒的支持を獲得!最高視聴率33.5%を記録し、TNmS リサーチによる2016 年度全国平均視聴率1 位を達成した。

★「ロマンスが必要1,2」「抱きしめたい~ロマンスが必要」脚本家による、極上のウェルメイド作品!
恋と仕事に生きる30 代男女の姿を等身大で描いてシンドロームを巻き起こした「ロマンスが必要」シリーズ3 部作の脚本家チョン・ヒョンジョンと、驚異の高視聴率44.4%を記録したファミリーコメディ「家族なのにどうして~ボクらの恋日記~」演出を手がけたキム・ジョンギュ。この2 大ヒットメーカーの初タッグによる、笑いと感動あふれるウェルメイド作品の決定版。

★ベテラン女優ソ・ユジンをはじめ、本作で大ブレイクのイケメン俳優たちに注目!
アン・ジェウクの相手役として、3 人の子どもを抱えるシングルマザーを演じるのは、実生活でも第二子を出産し、2 年ぶりの復帰となる「黄金の魚」ソ・ユジン。また、本作でオレ様なゴルファーを演じて大ブレイクしたソンフン(「オー・マイ・ビーナス」)、「風船ガム」で注目された新進のアン・ウヨン、多くのドラマ出演いる人気俳優シム・ヒョンタク(「恋は七転び八起き」)など豪華イケメンスターの共演も話題に!さらに、「感激時代~闘神の誕生~」イム・スヒャン、「ああ、私の幽霊さま」シン・ヘソン、「美女の誕生」シム・イヨンなど、充実のキャストが結集。

★さまざまな世代のロマンスに全世代が共感!これぞ本当に見たかったラブコメディ!
亡き妻の家族と暮らす主人公は、再婚を願う実家の両親を気遣いながらも、2 人の子どものよきパパ。一方、夫の浮気が原因で離婚したものの、3 人の
子どもたちには「パパはアメリカ赴任中」と信じ込ませている健気なヒロイン。
そんな2 人が仕事で出会い、次第に惹かれ、諦めかけていた再婚に向かって心揺れ始めるーー。ワケありの30 代ロマンスを本音の部分も織り交ぜながら、ユーモラスかつハートフルに描写。同時進行で描かれる若い世代のロマンスからも目が離せない!毎回、涙あり笑いありのストーリーにハマる視聴者が急増し、全世代から熱い共感のエールを獲得した。

予告編

「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」
DVD-SET1:4月4日(火)リリース
DVD-SET2:5月2日(火)リリース
「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」DVD Amazon割引価格はコチラ


発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd.(C)2016 KBS All rights reserved

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »