映画「Missing:消えた女」、オム・ジウォン&コン・ヒョジンら観客動員100万人突破し感謝の認証ショットを公開!

オム・ジウォン、コン・ヒョジン主演の映画「Missing:消えた女」(監督:イ・オンヒ)が100万人の観客を突破した。

今月11日、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、「Missing:消えた女」は10日、日中5万1,035人の観客を集め、累積観客動員数100万6,376人を記録した。11月30日の公開後、わずか11日で100万人の観客を超えたことになる。

公開2週目に突入した「Missing:消えた女」は、映画「パンドラ」、「La La Land」など話題の新作がひしめく中、着実に観客を動員するとともに、映画を見た観客から良い反応を得ている。

実話を彷彿とさせる現実的なストーリーと繊細な演出で観客をひきつけている「Missing:消えた女」の主役オム・ジウォン、コン・ヒョジン、キム・ヒウォンは、100万人観客動員を記念して感謝の認証ショットをサプライズ公開した。3人は、バルーンでできた数字の100を持って明るく笑いながら「Missing:消えた女」の観客に向けた感謝の気持ちを伝えた。

「Missing」は、ある日娘と共に忽然と消えたベビーシッターが名前も年齢も全てが偽りだった彼女の衝撃的な真実と向き合うことから始まる5日間の追跡を描いたミステリー映画。オム・ジウォンとコン・ヒョジンは、公開2週目の週末にも「Missing:消えた女」の劇場を訪れた観客に会う舞台挨拶を続けた。

    この記事もよく読まれています!

    ページ上部へ戻る
    Translate »