イ・ビョンホンが肩を組む女性は誰?スキャンダル騒動?!所属事務所が釈明に

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

俳優イ・ビョンホンの「2016 MAMA」打ち上げでのスキンシップ騒動がネット上で大きくなり、所属事務所が釈明した。

14日、イ・ビョンホンの所属事務所であるBHエンターテイメントの関係者は、「(騒動の)映像の中の女性は、イ・ビョンホンと家族のように親しくしている外国の知人だ。イ・ビョンホンの妻イ・ミンジョンともよく知っている方だ。2人があまりにも親しい間だから、誤解を招いた」と説明した。

イ・ビョンホンは、今月2日に香港で開催されたMnetの「2016 MAMA」授賞式でホストを務めたが、その授賞式の後、妻である女優のイ・ミンジョンや所属事務所の後輩ハン・ヒョジュなどと共にイ・ビョンホンは、打ち上げに出席した。

香港の現地メディアは、この打ち上げの席で、イ・ビョンホンが1人の女性と肩を組んで頬にキスをするなどといったスキンシップの様子を報道したが、その映像には、イ・ミンジョンも一緒に同席している姿が映っており、この映像の中の女性が誰なのか、どのような状況なのかとネット上で多くの関心が集まることとなった。

イ・ビョンホンは、2014年8月に、ガールズグループGLAM(グラム)の元メンバー、ダヒとモデルイ・ジヨンから、私的な席でひわい談が盛り込まれた動画を公開するとして、50億ウォン(約5億円)を要求される脅迫事件に巻き込まれた。その後イ・ジヨンとダヒは、それぞれ懲役1年2月、懲役1年、執行猶予2年を宣告された。しかしこれによって、イ・ビョンホンのイメージは大きく失墜してしまった。

しかしその後、イ・ビョンホンは映画「インサイダーズ/内部者たち」で成功を収め、スキャンダルを乗り越えて再起に成功した。今月21日には、映画「マスター」が韓国で公開される予定で、同作への期待感も大きく高まっている状況だ。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »