BIGBANG、海外アーティスト史上初の4年連続・78万1,500人動員のジャパンドームツアー!入隊を控えたT.O.P最後となる熱狂の12/29京セラドーム大阪ツアーファイナル!!

2016年デビュー10周年を迎えたアジアが誇るモンスターグループ”BIGBANG (ビッグバン)”が、本日12月29日(木)に京セラドーム大阪公演を行い、4年連続の日本ドームツアー【BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-】のツアーファイナルを締めくくった。

3日間ともに5万人超満員で埋め尽くされた京セラドーム大阪。
ライブのオープニングを飾ったのは日本メジャーデビュー曲「MY HEAVEN」。荘厳なストリングスに乗せメンバー5人がステージに登場するや5万人の割れんばかりの歓声が会場を包み込む。そしてステージ左右に設置された2台のフロートに乗り込みアリーナ外周を周り始めると、1曲目からメンバーを間近にしたスタンドのファンの興奮はピークに。さらに続く「WE LIKE 2 PARTY」「HANDS UP」というパーティチューンが続き、ボルテージはすぐさまマックスへ。そして「ガラガラ GO!!」では会場全体の大合唱が巻き起こり、ソロ、ユニットでのステージへ続いて行く。

MCパートでは、来年2月に軍隊への入隊を控えたT.O.Pから「今日もステキな思い出になりました。いつも私たちのそばにいてくれて、ありがとうございます。実は今回のコンサートが私の最後の日本になります。そう思うと、胸が痛くて苦しくなります。でも、皆さんとの出会いで私の人生は広がり、しばしの別れで私たちの絆は深まると思います。私と皆さんとの絆はこれでさらに深くなるでしょう。とても会いたくなると思います。また会うその日まで元気でいてください。愛しています。」と、10年間の感謝とファンへの想いが告げられた。


そしてこのライブ最高の盛り上がりとなった「BANG BANG BANG」「FANTASTIC BABY」というBIGBANGの最強アンセム2曲。ステージと観客が一体となり、5万人全員の大合唱がドーム全体に響き渡った。アンコールでは「LAST FAREWELL」「LIES」といった初期のヒット曲を繰り出したほか、「声をきかせて」ではファンからメンバーへのサプライズとして、ファンの感謝の気持ちが込められた「BIGBANG IS VIP」というメッセージボードが掲げられた。5万人のメッセージボードが会場を覆い尽くし、このサプライズにメンバーは幸せそうな笑顔で応え、会場は温かな雰囲気に包まれた。
ラストはおなじみとなった「BAE BAE」の大合唱で、全22曲約3時間の圧巻のステージを締めくくった。

振り返れば2012年11月23日にBIGBANG初となるドーム公演を京セラドーム大阪で行い、本日のツアーファイナルまでに4年連続のドームツアー全71公演で350万9,500人を動員。そのドーム公演始まりの地である京セラドーム大阪で、10年の軌跡を振り返るかのごとく披露された、新旧を代表するヒット曲の数々は、ファンにとってまたBIGBANGメンバーにとっても忘れられない一夜になったことは間違いない。

来年2月15日(水)には、ファン待望の日本版フルアルバムの発売も決定している。日本でのアルバム発売は、今年2月に自己最高のアルバム週間売上枚数でオリコン週間アルバムランキング初登場1位(2月15日付)を記録した『MADE SERIES』以来約1年ぶりとなる。


さらに来年4月にはBIGBANGメンバー”D-LITE (ディライト)”の初のソロドームツアー開催も決定。
ファン待望のこの【D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017】は、4月15日(土)・16日(日)西武プリンスドーム、4月22日(土)・23日(日)京セラドーム大阪の2大ドームで開催される。

ソロとしては2015年1月~2月開催の【Encore!! 3D Tour [D-LITE DLive D’slove]】以来約2年2か月ぶりのステージとなり、今回は自身最大規模の2都市4公演で20万人を動員する見込み。また、ワンツアーで西武プリンスドーム・京セラドーム大阪の2大ドーム公演開催は、2013年の同BIGBANGリーダー”G-DRAGON (ジードラゴン)”以来、海外ソロアーティスト史上2人目の快挙となる。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »