ユ・ヘジン主演のコメディ映画「ラッキー」、観客動員数400万人突破!!

    ユ・ヘジンユ・ヘジン主演映画「ラッキー」が観客動員数400万人を突破し熱い人気を継続中だ。

    映画振興委員会入場券統合コンピュータ・ネットワークによると、23日午後12時30分基準で映画「ラッキー」(監督:イ・ゲビョク)は累積観客数400万人を突破した。

    これを受け、ユ・ヘジンは感謝の気持ちを込めた認証ショットを公開した。公開された写真には、作品の中でキンパプ(韓国の海苔巻き)屋でアルバイトをするヒョンウク(ユ・ヘジン)の姿を彷彿とさせるかのごとく、キンパプを乗せた台を持つユ・ヘジンの姿が写っている。

    今月13日の映画「ラッキー」公開後、同作はボックスオフィス1位の座を守っている。歴代興行6位の映画「7番房の奇跡」(12日)の観客動員数400万人突破日数よりも1日早いスピードでヒットを飛ばし勢いを見せている。コメディージャンルでも100万、200万、300万、400万人突破の最短期間の記録を打ち立て、2016年のコメディジャンル映画最高ヒット作というタイトルを得た。

    映画「ラッキー」は、凄腕の殺し屋ヒョンウク(ユ・ヘジン)が銭湯のカギのせいで売れない俳優ジェソン(イ・ジュン)と運命が入れ替わることから展開していくコメディ映画。ユ・ヘジン、イ・ジュン、チョ・ユニ、イム・ジヨンが出演している。

      この記事もよく読まれています!

      ページ上部へ戻る
      Translate »