韓国映画 「リバイバル 妻は二度殺される」11月19日より日本公開へ

    %e3%83%aa%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%ab
    ~ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(世界三大ファンタスティック映画祭)シルバークロウ賞受賞~
    韓国で初登場第1位! 160万人動員の大ヒットを記録!!

    殺人事件から1年後に掛かってきた電話。それは、殺されたはずの妻からだった―。
    2014年5月16日。ドンホの妻ヨンスが殺害される。
    犯人は不明。動機も不明。事件は迷宮入りとなる。
    1年後の同日。ドンホの携帯に電話が掛かって来る。
    その相手は、1年前の“まだ生きている”妻だった。
    時を駆けたSOS。殺人鬼は、必ずやって来る―。
    この殺人は<再上映(リバイバル)>される。
    最愛の妻は、再び殺されてしまうのか―。

    韓国初登場No.1大ヒットを記録したサスペンスが登場!!妻が殺害された凄惨な事件から一年後。悲しみに暮れる夫のもとに、殺された妻からの電話がかかってくる!確かに死んだはずなのに、何故?

    本作は韓国映画の真髄であるノワールに前代未聞のコンセプトを加え、本国でも話題沸騰となった他、シッチェス、ポルトと並ぶ三大ファンタスティック映画祭のひとつ、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭にて、銀賞に値するシルバークロウ賞を受賞。主演は、サスペンス映画にこの人ありソン・ヒョンジュ(「悪のクロニクル」)、実力派女優オム・ジウォン(「ソウォン/願い」)等、豪華キャストが集結している。

    映画 「リバイバル 妻は二度殺される」のあらすじ

    エリート弁護士だったドンホの妻ヨンスが、何者かに殺害されてから1年が経とうとしていた。警察の捜査も虚しく、証拠は一切見つからず犯人の正体もわからないまま。ドンホは仕事を辞め犯人を捜し続けていたが、ヨンスの命日を境に職場に復帰しようとしていた。しかしその当日、ドンホの元に1本の電話が掛かって来る。携帯のディスプレイに表示されたのは、殺されたはずのヨンスの名前。悪質なイタズラと思い相手を問いただすが、その声は紛れもなく彼女の声だった。なんと、それは1年前の事件の日、まだ生きているヨンスからの電話だった…。

    「リバイバル 妻は二度殺される」
    【CAST】
    ソン・ヒョンジュ「悪のクロニクル」「かくれんぼ」、オム・ジウォン「ソウォン/願い」「美しき野獣」、ペ・ソンウ「ベテラン」「インサイダーズ/内部者たち」、ノ・ジョンギ

    【STAFF】
    監督・脚本:キム・ボンジュ/撮影:キム・ヨンミン
    2015年/韓国/韓国語/原題:The Phone/115分/16:9ビスタ

      この記事もよく読まれています!

      ページ上部へ戻る
      Translate »