チョン・ヒョンドン、100億ウォン規模の韓中合作Web映画で作家デビューへ!

チョン・ヒョンドンの写真

写真:HJ.FILM

お笑い芸人、チョン・ヒョンドンが作家として新たな一歩を踏み出す。

映画製作会社HJ.FILMは、19日、「お笑い芸人チョン・ヒョンドンが俳優シン・ヒョンジュンと共に韓中合作Web映画を通じて、正式に作家としてデビューする」と明らかにした。

今回の作品は、映画俳優シン・ヒョンジュンを代表とする韓国のHJ.FILMと中国のニューパワーフィルムが共同制作するコミックファンタジーで、芸能活動を休止していた間にシナリオを書いたチョン・ヒョンドンの作家として記念すべきデビュー作となる。制作にはシン・ヒョンジュンも自ら加わるとのことで、期待が高まっている。

韓国側のプロデューサーは、現在の累積観客動員数700万人を超え大ヒットしている映画「トンネル」を企画したユ・ジェファンプロデューサーが担当、作品の完成度を高める。チョン・ヒョンドンとシン・ヒョンジュンがタッグを組む韓中合作Web映画は、来年の上半期にクランクインする予定。

今回の映画には、100億ウォンの大規模な予算が投入され、またチョン・ヒョンドンの韓中合作ウェブ映画の作家としてデビュー作品という話題性もあって、ネットユーザーからの関心も熱い。

チョン・ヒョンドンは昨年11月、MBCの「無限に挑戦」、JTBCの「冷蔵庫をお願い」、MBC every1の「週刊アイドル」など韓国を代表する複数の人気バラエティー番組で活躍してきたが、健康上の理由からすべての番組から降板、その後長期間に渡って、芸能活動を休止してきた。
そして約1年ぶりに「週刊アイドル」で最近、芸能界復帰を果たした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »