現在絶賛上映中!ソン・スンホン演じる夫が男前すぎる映画『ミス・ワイフ』動画

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

ミスワイフ
キャリアウーマンに訪れた逆転生活を愉快な笑いと心温まる感動で描く、ハートフル・ラブコメディ!

映画『ミス・ワイフ』は、恋愛も結婚も百害あって一利なしと信じるキャリアウーマンが、一日にして誰かの妻であり母となり、180度逆転した人生を生きることになった物語を軽快なタッチとユーモアで描き出すラブコメディ。主人公のキャリアウーマンの敏腕弁護士ヨヌ役を演じたオム・ジョンファは『TSUNAMI-ツナミ-』『ベストセラー』などで堅実な演技とオンリーワンの存在感を示してきた韓国を代表する女優。2012年に公開された主演映画『ダンシング・クイーン』は韓国で400万人以上を動員した大ヒットを記録。韓国のコメディ・クイーンの名をほしいままにしたかと思えば、映画『悪魔は誰だ』では誘拐事件で子供を失った女性を熱演。

幅広い役柄で実力を発揮する変幻自在の韓国の実力派女優が本作で挑戦したのは、独身敏腕弁護士から一日にして平凡な主婦として生きることになった“ヨヌ”。オム・ジョンファは「母親の役は子供をこらしめる役柄だったので楽しかった」と笑いつつ、「成功という壁に閉じ込められていた女性が家族を通じて予想もしなかった感動を覚え、心の壁を壊して変化していく姿に魅力を感じた」と語っている。実生活では独身のオム・ジョンファだが、「独身の女性が感じることのできない感情を短期間でも経験できる時間であったし、映画の撮影中“ヨヌ”の感情がまるで自分自身の感情であるように感じられ、俳優としていい機会が得られた」と本作への愛着を口にしている。

堅実で家族思いの優しい夫ソンファン役で出演しているソン・スンホンとは本作が初共演だが、「ソン・スンホンは意外な場面でみんなを笑わせた。神の一手のようなキャスティングというか…」と口にし、信頼し合って撮影に挑んだオム・ジョンファとソン・スンホンの息の合った夫婦の演技にも注目してほしい。

ミスワイフ2

一方の、家族を大切にする誠実な地方公務員の夫ソンファン役を演じるソン・スンホン。

ソン・スンホンが演じたヒロインの夫ソンファンを紹介するキャラクター映像

上記映像は、“ソン・スンホン ハンサムなのも罪編 ”と題したソン・スンホン演じる夫ソンファンの魅力を余すところなく捉えたキャラクター映像となっている。
愛する妻が突然、他人行儀に!?
「あなたのような“顔だけの男”が一番嫌いなの」
「顔で試験に受かった?無駄にハンサムね!」
とある日突然、心変わりした妻に罵倒され、何が怒らせたのかと困惑するソンファン。外では仕事ができ、妻がピンチの時は必ず助ける良き旦那でありながら、家に帰れば妻の尻に引かれている様子をコミカルに捉えた、ソン・スンホンの新たな魅力が凝縮された映像となっている

韓国を代表するトップスターでありながら、いまだに独身を貫いているソン・スンホンがもし結婚していたら!?と家庭的な一面を想像させるこの映画。
女子なら絶対、こんな旦那様がいたら良いのになぁと目をハートにすること間違いなし
ソン・スンホンの新たな魅力を感じることができる作品であり、ソン・スンホンのファン以外の方にも強くオススメの映画だ。

『ミスワイフ』
監督:カン・ヒョジン(『花嫁はギャングスター』)
出演:
オム・ジョンファ(「魔女の恋愛」『悪魔は誰だ』)
ソン・スンホン(『情愛中毒』「マイ・プリンセス」)
キム・サンホ(『海にかかる霧』)
ラ・ミラン(『私の愛、私の花嫁』)   2
015年/韓国/124分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:미쓰 와이프/配給:クロックワークス
© 2015 Megabox Plus M All Rights Reserved 
8/13(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー中

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »