アン・ジェウクKBS World開局10周年記念のドラマファンミーティング開催!【取材レポ】

アン・ジェウク (5)KBS JAPAN日本開局10周年を記念して、現在放送中の『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』の主演俳優でもあり、第一世代 韓流スターの呼び名を持つアン・ジェウクを迎えて7月14日(木)新宿文化センターにてファンミーティング『アン・ジェウク FANMEETING~パパなる魅力⁈~』が開催された。

オープニング・アクターでは、ヨン・ギュソン、アン・ヒョンジョン、KBS JAPAN広報大使のMR.MRによるライブショーが行われた。
2016-7-14MR.MR 2016-7-14MR.MR 2016-7-14MR.MR (3) 2016-7-14MR.MR (2)ヨン・ギュソン アン・ヒョンジョン開演すると、突然客席の扉から登場したアン・ジェウクに会場は大熱狂!「久しぶりです。嬉しく思います。その間一生懸命演技をしてきましたし、一人の娘の父親にもなりました。」とファンに報告すると会場から「おめでとう!」と温かい声援が送られた。

アン・ジェウク (4) アン・ジェウク (3) アン・ジェウク (1)アン・ジェウク (6)まずはフォトタイムが行われ、今朝の飛行機で来たというジェウクは「日本も暑いですね」「一週間のうち6日はドラマの撮影で、撮影がない日は子供と一緒に一日中過ごしているという感じですが、ちょうど100日経ったくらいで、日々の成長がめざましいです。子供の魅力にどっぷり嵌ってます。凄く暑いので撮影に向かうのが大変です。子どもは本当にかわいいですが子育ては大変ですね!」と声を大にして父親になった喜びと近況を語った。

アン・ジェウク (7)現在も韓国で放送中という『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』は、視聴率も30%を超えるほどの大ヒット。もともと50話だが4話延長もされる予定という。ご褒美旅行があるそうですが?と問われると、「一日も休まず苦労されたスタッフのために配慮してくれたのですが、僕は残念ながら行きませんが、幸せな家庭に戻りたいと思います…子供と居られて幸せです(笑)」と嬉しそうに語った。

アン・ジェウク (8) アン・ジェウク (10)このドラマは社会の現実を反映しているドラマであり、主人公のアン・ジェウク扮するイ・サンテは前の前妻とは死別。罪を犯した訳ではないが、恋愛に対して慎重にならざるを得ないような状況になるが、勇気を出して幸せな家庭を築きたいと新しく愛をスタートしていくドラマで、3人の子持ちと2人の子持ちで合わせて子供が5人という内容となっている。

まずは相手役のソ・ユジン扮するアン・ミジョンとのファンが選んだ胸キュンシーンをスクリーンで公開。肩を貸すシーンやシートベルトを締めてあげるシーンなどが公開された。

イ・サンテがアン・ミジョンに惹かれた一番の理由は?と問われると「厳しい現実と戦いながらも常に明るく前向きで堂々としている姿が魅力的だと思いました。」と答え、イ・サンテという役柄について、「これまでいろんなドラマでいろんな役柄をしてきたが、イ・サンテはそんなに面白いキャラクターではないと思う。あまりに優しすぎる。いろんなことが起きても自分から謝って解決していく姿は僕からすると、なんでそこまでしなくてはいけないかなと思うくらい、常に相手に対して思いやりを持って譲ってあげる感じで、少し可愛そうだなという気も…」と答え、これまでにやったことがないくらい優しい役柄という。

アン・ジェウク (9)今後の活動予定には「8月に撮影が終わったら、コンサートも計画中ですので、近々良いお知らせが出来ると思います。またファンのみなさんとサマーキャンプを再開したいと思います。その時は娘も一緒に行ければ…」とすっかりパパの顔に。

<質問タイム>では抽選で選ばれた3名がステージで直接質問をした。
Q.ドラマの出演を決めたキメ手は?には「この厳しい現実をあまり辛すぎず、明るい方向へ引っ張て行くのがとてもいいと思い決めました。元気をもらえるような、笑いながら観れるドラマだと思うので、僕自身悪くない選択だったと思う。」Q.運動について聞かれると、「今は忙しくてあまりできないですが、またスポーツしたいです。」Q.奥さんと結婚したきめ手は?には「まるで運命のように一目ぼれです。」と照れながら答えた。

アン・ジェウク (11) アン・ジェウク (12) アン・ジェウク (14) アン・ジェウク (15) アン・ジェウク (16) アン・ジェウク (13)<アン代理(アン・ミジョン)を探そう>のコーナーでは、相手役の役と同じような状況の人を会場から探すことに。「子どもが3人いる人」「息子1人、娘2人の人」「携帯、スマホにハートが付いている人」の条件で残った人で最後はジャンケンへで2人がステージへ。
相手役となってドラマを再演することになり、壁ドンや電話口で歌を歌うなどのシチュエーションにアドリブ満載で大盛り上がりのコーナーとなった。
さらにサイン入りポスターを抽選で5名にプレゼント。

アン・ジェウク (17) アン・ジェウク (18)次にアン・ジェウクの『チング』をKBS World韓国語教室の生徒たちとMR.MRとともにアン・ジェウクが中央で歌い大合唱。続いてMR.MRが東日本大震災復興支援ソング『花が咲く』を日本語で美しいハーモニーを会場に響かせた。

アン・ジェウク (2) アン・ジェウク (19) MR (2) MR (1)アン・ジェウクと一緒に歌ったMR.MRは、「アン・ジェウク先輩のファンミーティングに招待されて本当に光栄です。ありがとうございました。」と感想を延べると、続いてアン・ジェウクによる台本リーディングが行われた。ドラマのシーンに合わせ、セリフを読み、ヨン・ギュソン、アン・ヒョンジョンがドラマの挿入歌を歌うなど、ドラマの世界をそのままファンに届けた。

アン・ジェウク (20) アン・ジェウク (22) ヨン・ギュソン アンジョンヒョン アン・ジェウク (21)最後は、「今回はドラマのイベントということで特別感があり、みなさんにとって思い出になるようなドラマを自分で直接紹介出来て本当に嬉しく思っています。KBS Worldでは良い番組作りをされていますのでぜひ最終話まで楽しんでご覧ください。またファンのみなさんにお茶の間で韓国ドラマを見せてくださいましたKBS JAPANの関係者の皆さまに心から感謝申し上げます。」「明日帰国したらまた撮影が始まりますが、ドラマが終わるまでベストを尽くして頑張りたいと思います。みなさまも最後まで変わらず応援していただけると信じていますし、みなさんの愛をよろしくお願いします。他にも楽しい番組が放送されていますので、どうぞ沢山のご声援をよろしくお願いいたします。」とメッセージを伝えると「皆さんもどうかお幸せに過ごしてください。今日はどうもありがとうございました!」と笑顔で手を振り会場は大きな大歓声に包まれ、イベントは大盛況で終演となった。

アン・ジェウク (24) アン・ジェウク (23) アン・ジェウク (25)アン・ジェウク ハイタッチ (2) アン・ジェウク ハイタッチこのイベントの様子はKBS Worldにて8月24日に放送予定となっている。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »