Twice日本人メンバーサナがたった4年間で韓国語を上達させた勉強方法とは?

「シャシャシャ」が一躍ブームとなり大人気を集めるガールズグループTWICE(トゥワイス)の日本人メンバー サナが、自身の韓国語学習のコツを明らかにした。

14日に韓国で放送されたKBSの人気トーク番組「ハッピートゥゲザー3」に出演したサナは番組で「韓国に来て4年になった」とトークを始めた。

サナは、「韓国に初めて来た当時は韓国語が全くできなかった」と明かし、番組共演者を驚かせた。というのもサナの韓国語の発音は韓国語をゼロから勉強して4年目というには信じられないほど上手だからだ。

サナの韓国語の勉強方法に関心が集まる中、サナは「バラエティー番組を見ながら字幕テロップを読み、分からない単語をチェックしながら勉強した」と自身の勉強の秘訣を明らかにした。

また、「練習生時代に怒られた時、韓国語が分からないフリをしたことがある」といたずらっぽく告白し、笑いを誘った

TWICEのサナ

TWICE-サナとカンナム

TWICEのサナ2

写真:KBS「ハッピートゥゲザー3」

この日の番組には、サナの他に日本人の父を持つM.I.BのKangNam、中国系カナダ人のSUPER JUNIOR Mのヘンリー 、タイ人のCLCのSORN、、中国人の宇宙少女のソンソが出演し、トークを展開、サナとKangNamの発音が比較されるなどして関心を集めていた。

    この記事もよく読まれています!

    ページ上部へ戻る
    Translate »