映画「徳恵翁主」ソン・イェジン、自分の映画を見て初めて泣いた理由とは・・・?

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

映画「徳恵翁主」ソン・イェジン

写真:映画「徳恵翁主」

映画「徳恵翁主」で主演を演じたソン・イェジンが、自分の映画を見て初めて泣いたの理由について打ち明けた。

ソン・イェジンは27日午後、ソウル・広津(カンジン)区紫陽洞(ジャヤンドン) のビヤホールで行われた映画「徳恵翁主」(監督:ホ・ジノ)のメディアデーに出席した。

ソン・イェジンは、この日行われた映画「徳恵翁主」のマスコミ試写会で映画を初めて観覧した後、あまりに泣いてしまったので続く記者懇談会が遅くなったとし、「自分の映画を見て泣いたのは初めて」と打ち明けた。これまで数々の映画に出演し、観客の涙腺を刺激してきたソン・イェジンのこの発言に関心が集まった。

ソン・イェジンはこれについて、「出演した映画を見ると、どうしても色々な点を計算しながら見ることになる」としながら、「今回の『徳恵翁主』は、私も本当に観客になって見ているようだ。このようなことが初めてだ」と告白した。

今回、ソン・イェジンは、映画で初めて歴史上の人物を演じ、さらに自分の配役が映画のタイトルにもなっている。このような大きな負担について、「徳恵翁主が生きてきた人生をリアルに表現しようと努力した」と明らかにした。

また「徳恵翁主が実在の人物という点が私をさらに強く感情移入させたようだ。実在の人物を演じたのが初めてだ。慎重な気持で少ない関連資料、写真などを見つけながら人物を研究した。その人生がさらに気の毒になったなった」と語った。

ソン・イェジン、パク・ヘイルが主演を務める映画「徳恵翁主」は、歴史から忘れ去られ、国が隠した大韓帝国の最後の皇女、徳恵翁主の物語を描いた作品で、8月3日から韓国で公開予定となっている。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »