アジアで大人気の大谷亮平が日本で初の単独イベント出演!『ああ、私の幽霊さま』DVDリリース記念トークイベント【取材レポート】

大谷亮平96月2日に発売、レンタルを開始したチョ・ジョンソク×パク・ボヨン主演『ああ、私の幽霊さま』のDVDリリースを記念して、アジアから日本へと「逆輸入」という形で活躍中の、期待のイケメン俳優・大谷亮平が6月3日(金)都内で初の単独イベントを開催した。

大谷亮平は、日本でモデル活動後2003年に韓国のダンキンドーナツのCMに出演をきっかけに韓国で芸能活動を開始。シチュエーションコメディー『ソウルメイト』で俳優デビュー。その後映画やドラマ、バラエティ番組に出演、韓国で大活躍をしている。そして今年4月より日本で俳優活動を本格的にはじめ、フジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』に出演。まさにアジアから日本へと逆輸入と言いう形でグローバルな活躍が期待されている。第2のディーンフジオカと呼ばれている。今回「ああ、私の幽霊さま」にも出演のイム・ジュファンらと共演もあることから、このイベントに出演となった。

大谷亮平5多くのマスコミのフラッシュに驚きながら登場。「はじめまして、大谷亮平です。今日はよろしくお願いいたします。」と挨拶。日本では初の単独イベントですが、緊張されてますか?と聞かれると「こんなに多くの方に来ていただいてるとは思ってなかったのですが、韓国の素晴らしいドラマを紹介できるということで光栄に思っています。」と少々緊張気味の様子でイベントがスタート。

―韓国でこのドラマが放送されていたのは昨年の夏だと思いますが、その頃はソウルでお仕事をされていたのですか?ドラマの反応はどうでしたか?
「そうですね、ソウルにいましたね。このドラマが放送されていた局がすごく波に乗って人気のある局だったので、このドラマの人気も凄くで、当時すごく話題になっていました。」

―ドラマの印象は?
「僕はあまりラブコメディの軽いタッチのものより、どちらかというとシリアスなものを好んで見るので、最初はどうかなと思ったのですが、見ていたら止まらなくなってしまいました。実はまだ最後まで見ていないんですけども、次が本当に楽しみで早く帰って観たいなと思ってます。全16話のうち10話まで見ました。凄く楽しみです。ラブコメディって軽く考えてたんですけど、ミステリアルな部分もあって先が気になります。」

大谷亮平1―気になったシーンは?
「やっぱりこの主人公に目が行くんですけど、彼が経営しているレストランの調理場の脇を固めるメンバーの方たちの演技が凄く息が合ってて。ラブコメディのコメディを担当されている方たちの演技が素晴らしくて、そこに注目してもらいたいです。」

―このドラマに出演されている俳優さんで親交がある方は?
「イム・ジュファンさんという警察役の方です。彼は僕がソウルでモデルの仕事をしていた時に、彼も俳優になる前のモデルの活動をしていたので、よくモデルの集まりで一緒に飲んだりしていて、最近の映画祭でもお互い俳優になって出会う機会があっていろいろ話したことがあります。」

大谷亮平2―韓国では10年以上活動されましたが、撮影現場は大変だと聞きますが実際は?
「韓国では一週間に2話放送されるドラマが多くて、撮る量も凄く多いので、朝まで撮影が毎日ようにあります。あと冬ですね、あの極寒のなかで殺人スケジュールなので。」

―どうやってモチベーションを高めていたのですか?
「ドラマのチームワークも結構大事で、寒かったり過酷だからこそ生まれるチームワークがあります。しんどいですが温かくて上手くまとまって、なんとか乗り越えてるって感じです。」

―日本での撮影はどうですか?
「日本ではリハーサルをきっちり回数を重ねて本番に入るので、本番だと思って撮影したらリハーサルだったということがありました。(韓国では)軽いリハーサルをやって次本番ということが多いので、その違いはありますね。どちらがいいか分かりませんが…頑張ります。」

―ドラマではパク・ボヨン扮するボンソンに幽霊が憑依して誘惑しまくる肉食系の女子に変身しますが、大谷さんはおとなしいタイプの子か積極的なタイプはどちらがタイプですか?
「そうですね…韓国は積極的な女子が多かったのですが、僕はちょっとおとなしめのほうがいいですね…と思ってたんですけど、ドラマを見ていると、憑依しているほうが見ていて安心感があるというか惹き込まれていく感じですが、もともとはおとなしい感じが好きです。(照)」

大谷亮平4―大谷さんは韓国でワイルドで野性的と言われていますが、実際は?
「その時によって違います。体育会系で育って特技はバレーボールなので勝負師な部分もあり、そういう時はワイルドなんですが、そうじゃないときもあります。」

ドラマでは幽霊がでていますが、実際に見たことはありますか?
「金縛りレベルが一回あるくらいで、いっさい見たことはないんです。本当に面白い幽霊がいたら会ってみたいですね。」

―もし幽霊に会えるとしたら誰に会いたいですか?
「普通で申し訳ないですが、やっぱり親族ですね。おじいちゃんおばあちゃんです。日本での活動をすごく願ってくれてあのですが、日本に来る前に他界してしまったので…今会えると嬉しいなと思うんですけど…。」

―誰かに憑依できるとしたら?
「この人かっこいいなと最近凄く思うことがありまして、月9『ラヴソング』の福山雅治さんと一緒にキャストの方たちと飲む機会があったのですが、ギターの生演奏をしてくださったんです。リクエストした曲のコードを全部見て、僕も歌って福山さんが弾いてくれたんですが、やっぱりかっこいですね。福山さんに憑依して一日だけでもああいうことが出来たらなと思いました。」

大谷亮平3―ドラマの中で地味なボンソンちゃんが憑依され、シェフを誘惑するときのシーンで「ハンボンマンヘヨ(一回だけしましょう)」と言いますが、大谷さんがしたいことは?
「難しいですね…韓国の冬は本当に寒いので男とはいえ、温めてもらいたいなという考えもありますね(照)」(ここでカメラに向かって「ハンボンマンネヨ(ハンボンマンヘヨ)」と流暢な韓国語でキメてくれました)

―今後の日本活動について
「韓国では完璧な韓国語を喋れない日本人の役だったり、すごく幅が狭かったんです。韓国で主人公をやってる方たちが凄く羨ましかったりすることもあったので、日本では母国語なのでいろんな役が出来るんじゃないかなという思いもあるし、挑戦していきたいと思っているので、ひとつでも多くの素敵な作品にいろんな役にトライしながら頑張っていきたいと思います。」

大谷亮平7―韓国語はどうやって勉強されたのですか?
「最初はスパルタで、午後からは会社で先生とマンツーマンで勉強して、夜はイム・ジュファンさんとかと飲みながら実践で生かしていくという感じでした。お酒の席は本当に大事で、軽く飲んで、間違っても恥ずかしくないというコンディションでやってたら結構伸びましたね。お店はテンションが高めの方が多くて店内もうるさいので、大きめの声で発音をしっかりしないとなかなか伝達できないので、そういう意味でも大事な場所だったと思います。」

―韓国で10年以上活動されてますがなぜ韓国で活動を?
「僕が行くときはまだ韓国ブームが始まってなくて、行ったころにヨンさまブームが爆発したんですけど、最初は海外に対する興味があって、仕事をする前にバレーボールの試合で2度ほど韓国に行ってたんです。高校と大学の時一回ずつ交流試合で。仕事で3回目の韓国で、初めての海外だったのですが、縁があるのかなと。」

大谷亮平6―韓国で活動して一番学んだことは?
「学びきれてはいないですが、本当に過酷で、現場があまりゆったりしてないから、周りのペースに俳優が流されていると揺らいじゃうんです。向こうの俳優さんや女優さんって、僕が見ても心臓が強いというか、監督が怒ってても”私は私”という感じで集中されている方が多いので凄いなと思いました。新人の女優さんでも凄く堂々とされている方もいて、見習わないとなあと思いました。」

―今後はどのように活動されていきますか?
「韓国でももちろん仕事は続けていきたいなとは思っていますが、せっかく日本でいいスタートが切れたので、これからもがっつり日本でもやってきたいと思います。」

大谷亮平12―第2のディーン・フジオカと言われていることについてどう思いますか?
「境遇が似てるので、そう言ってもらえて光栄です。」「韓国にいるときからディーンさんの存在は聞いていたんです。日本でブレイクする前ですが、台湾で活動されている方が日本で始められたと。外で学んできたことが日本の芸能界でやっていくことは、とても興味深く面白いことだと思うので、当人はとても大変だったと思うのですが、僕も国は違えど韓国でこうやって日本で始めるので、聞けるチャンスがあればなと思います。」

―韓国ではワイルド系と言われていますが、日本では?
「韓国ではクールだったり、ワイルドな役が多かったので、日本ではそういうキャラクターを見せながらまたちょっと違う、考えてないようなキャラクターをやってみたいなと思うし、そういう印象を残せればと思います。」

―たとえばどんな役をやってみたいですか?
「凄く人間味のある温かい役に飢えてまして、向こうでは出来なかったので、冷たい男より血の通った人間味のある役にトライしたいなと思っています。」

大谷亮平10―最後にDVDの見どころとメッセージをお願いします
「『ああ、私の幽霊さま』ですが、最初は幽霊という題材を見たときに、コメディな部分が強かったり、ちょっと軽い感じなのかなと思ったのですが、1話から見て本当に面白くて止まらなくなったんです。いろんな年齢層の方も楽しめると思うし、とにかく演技派の方が素晴らしいドラマなので、僕も心からおすすめしたいなと思います。」大谷亮平11

大谷亮平8トークコーナーとフォトセッションでイベントは初の単独イベントは終了。日本活動への意気込みを語ってくれた大谷亮平さん、今後の日韓での活動に熱い視線が注がれそうですね。

取材日:2018年6月3日(金)

『ああ、私の幽霊さま』
DVD SET1 リリース中
DVD SET2 7月2日(土)リリース
各¥15,200+税
ああ、私の幽霊さま DVD-SET1 AMAZON割引価格を見てみる!
ああ、私の幽霊さま DVD-SET2 AMAZON割引価格を見てみる!

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
©CJ E&M Corporation,all rights reserved.

    この記事もよく読まれています!

    ページ上部へ戻る
    Translate »