JYJユチョン、JTBC放送の性的暴行容疑で提訴のニュースを事実無根として公式否定、憶測報道を控えるよう要請

ケーブル放送JTBCのニュース番組「ニュースルーム」が、単独報道として「韓流スターであり人気俳優としても活動中の歌手パク・ユチョンさんが20代の女性を性暴行した疑いで訴えられた」と報道し、ユチョンの所属事務所が公式にこれを否定する声明を出した。

13日、JTBCのニュース番組「ニュースルーム」は、10日にパク・ユチョンさんが性的暴行の疑いで告訴されたとし、被害者だと主張する女性は、風俗店の従業員で24歳の李某氏で、李某氏のボーイフレンドが女性の代わりに警察署に告訴したと報道した。

これに対し、ユチョンの所属事務所であるC-Jesエンターテイメントは「一方的な主張だ」として事実無根であることを公式に伝え、この報道に関連し、憶測報道を愼むようマスコミに要請した。

今回の報道についてC-Jesエンターテイメントは、「相手側の主張は、虚偽の内容を根拠とした一方的な主張であり、今後警察調査を通じて真実が明らかになるはず」とした上で「有名人を傷つけることを秤にかけた悪意ある恐喝・脅迫には屈しない。パク・ユチョンは真実を明らかにするため、警察調査に誠実に望むことを約束する」と伝えた。

また、ニュースで提訴されたと報じられたことについても「まだ警察から公式に提訴を受けていない」とし、「(このような)提訴報道自体がパク・ユチョンに対する深刻な名誉毀損であり、調査が終わるまで推測や憶測に基づく報道を控えていただきたい」との立場を伝えた。

昨年8月27日に軍入隊したユチョンは、現在公益勤務要員として服務している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »