5人組ボーイズ・グループBoys Republic、「Royal Memorial Ceremony Vol.0~春の心~」開催。初の日本ツアー開催決定!フォトレポートあり!

Boys Republic12013年に韓国デビューを果たした5人組ボーイズ・グループ〈Boys Republic(ボーイズリパブリック)〉。2015年には7か国8都市を回るヨーロッパ・ツアーを行うなど、アジアから世界へと活動の幅を広げる彼らが、〈Royal Memorial Ceremony Vol.0~春の心~〉を、5月14日(土)に東京・YAMANO HALLにて開催。2公演行われたイベントには合わせて1,500人のファンが集まった。

前半のトーク・パートでは、まず全員で「初めまして! Boys Republicです!!」と元気にご挨拶。その後、「末っ子のスウンです。ヴォーカルとダンスを担当しています」、「私はウォンジュンです。天才リーダーと優しい人を担当しています」、「私はソンジュンです。ラップとダンス、ユーモアを担当しています」、「エンジェルソヌです! 宜しくお願いします」、「セクシーミンスです!」と、それぞれの個性がわかる自己紹介を経て、企画コーナーへ。「家事が得意なメンバーは?」という質問では、自分を一番に挙げたウォンジュンに対して、ソヌが「嘘つき!!」と流ちょうな日本語でツッコミ。どうやら他のメンバーの意見もウォンジュンではなく、自身もそれを認める流れとなり、MCのAKIから「日本では可愛く愛嬌をふるまうと、許してもらえるらしいですよ」とふられたウォンジュンが愛嬌のあるポーズを実践。そこからメンバー全員によるファンに向けての愛嬌ポーズの披露が続き、そのキュートな姿に会場からは大きな声援が起こった。

「最近夢中になっていることは?」という問いには、全員「僕たちは、ファンのみなさんに夢中です!」と回答。個々のマイブームに話が進むと、ソンジュンは「ジムで運動をすること、自転車に乗ること、ご飯をいっぱい食べます」、ソヌは「日本のドラマです。最近は〈きょうは、会社休みます〉と〈アイムホーム〉がとっても面白いです」と、〈きょうは、会社休みます〉の劇中にも出てくる〈壁ドン〉をしながら「愛してる」と告白すると、そんなソヌの様子を全員が真似をするという仲の良さが伺える場面も。ミンスもソンジュンと同じく自転車にハマっているようで「両手を離してこぐことができます!」と、その運動神経の良さをアピール。ミンスは「もちろん……、ロイヤルファミリーだけ!!」と甘い声で告げ、メンバーからツッコミを受けていた。

日本でイベントを行うにあたって、一緒に観たいというメッセージ映像を用意したというメンバーたち。その中には、デビュー時の街頭プロモーションの模様やステージ&取材の裏側が見られるメイキング、音楽やパフォーマンスと真摯に向き合い、努力を重ね、ときに怪我を追いながらも自分たちの世界観を構築していく練習風景、夢に向かって真っすぐに走り続ける彼らの情熱とファンへの感謝の気持ち綴られた直筆の手紙が。これまでの歴史を振り返ったり、5人の熱い思いに触れたファンの中には、涙を浮かべる人も……。

Boys Republic2ライヴ・ステージでは、キレのあるダイナミックなダンスも印象的な“Get Down”、ファンの歓声や掛け声からも人気の高さが感じられた“The Real One”、美しいバラード曲“Like A Doll”、先日より配信がスタートし、パフォーマンス初公開となった“Hello(Japanese Version)”の4曲を披露。客席からの思いに応えるように力強さを増していくアップ・チューン、心に寄り添うような美しさや優しさを湛えるミディアム・ナンバー~バラードと、グループのさまざまな魅力を感じられるステージに、会場からは大きな声援が起こった。

イベントの最後にコメントをふられると、リーダーのウォンジュンは、「昨年僕たちの初めての単独公演を行うはずでしたが、中止になってしまい、たくさん悲しい思いをさせてしまって、本当にごめんなさい」というお詫びのあと、「これから僕たちもさらに努力してみなさんの応援と期待に応えられるようなグループになりますので、よろしくお願いします」と決意に満ちた言葉で締め、会場からは大きな拍手が。その後、ステージの端から端まで移動して、手をふりお辞儀をしながら、舞台を後にする最後の瞬間までこの日来てくれたファン1人1人の姿を確認してしっかり目を合わせようとするメンバーの姿もまた、印象的だった。

6月には韓国最新作『BE:evolution』の日本盤と、日本独自企画盤となるBoys Republic初の韓国語ベスト・アルバム『Boys Republic / 少年共和国 2013-2015 BEST』の発売も決定。さらに、7月には東京と大阪でライヴを行うことも発表となり、この秋の本格的な日本進出に向けて、さらに注目を集めそうな彼ら。卓越したパフォーマンス・スキルと愛さずにはいられない個性豊かなキャラクターも魅力のBoys Republicから、今後も目が離せない。
Boys Republic3

向かって左から、ミンス、ソヌ、ソンジュン、ウォンジュン、スウン

【リリース情報】
◆『Boys Republic / 少年共和国 2013-2015 BEST』
2016.6.8(水)発売
≪初回限定盤≫、≪通常盤≫
軽【BR】BEST_初回盤- 軽【BR】BEST_通常盤

▼日本独自企画盤となるBoys Republic初の韓国語ベスト・アルバム!!
◆『BR:evolution -Japan Edition-』
2016.6.8(水)発売

▼今年3月に韓国でリリースされた「BR:evolution」ジャパン・エディション、同時発売!!
軽【BR】ライセンス盤

※イベントフォトレポート掲載!ページ最下部より、次のページに続きます!ファン必見のメンバーの個別カットあり

▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ:

1

2
ページ上部へ戻る
Translate »