映画「知らない、ふたり」コラボレイト、主演「青柳文子」のディレクションによるワークコート限定受注開始!

知らない、ふたりパルコのセレクトショップ「Meetscal<ミツカル>ストアby once A month」にて、2月10日(水)より、映画「知らない、ふたり」の公開を記念して、主演「青柳文子」がディレクションしたワークコートの受注販売を開始した。

7人の若い男女が織りなす群像劇として人気の、今泉力哉監督作品「知らない、ふたり」。
映画の舞台となる靴屋にて、各俳優・女優が着用しているメイン衣装の「ワークコート」を日常でも着ることのできるファッションウェアとして提案。

デザインディレクションは、主演であり、独創的な世界感やファッションが若い世代を中心に支持を集める、モデル・女優「青柳文子」が担当。
同じく主演の韓国アイドルグループ「NU’EST(ニューイースト)※facebookフォロワー200万人」のメンバーである「レン」など、出演者が劇中で着用している世界観を追体験できる、完成度の高い商品となっているとのこと。

尚、受注販売受付中、渋谷パルコ「ミツカルストア」にて映画関連コーナーも展開される。

①渋谷パルコPART1-1F「Meetscalストア by once A month」
■受注販売期間:2月10日(水)~3月9日(水)
■価格: 18,500円(税込)
■サイズ: フリー(ユニセックスサイズ。女性はゆったり、男性はぴったりサイズ)

【物語】
新世代の恋愛映画監督・今泉力哉が描く、すれ違いの群像劇

人との接点を避け生活している靴職人見習いの韓国人青年・レオンは、ある日公園のベンチに酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女のことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを寄せる日本人女性・小風。ソナの折れた靴を修理しにきた客・サンスは小風に一目惚れをする。彼はソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に通っていた。
日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを寄せている。
荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず関係していた―。
お互いの想いを”知らない”男女が一歩踏み出したとき、物語は思わぬ方へと進み出す。

監督・脚本:今泉力哉『サッドティー』
出演:レン 青柳文子 ミンヒョン 韓英恵 JR 芹澤興人 木南晴夏
製作:日活、ソネットエンタテインメント、アリオラジャパン
制作プロダクション ジャンゴフィルム 配給 CAMDEN 日活 宣伝 CAMDEN
(c)2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan

2月20日(土) 横浜シネマジャック&ベティ、名古屋シネマテーク
3月5日(土)渋谷アップリンクほか全国順次公開中

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »