時代劇ドラマ「歩歩驚情:麗」、イ・ジュンギ&IU(アイユー)のキャスティング決定!

イ・ジュンギの写真

時代劇ドラマ「歩歩驚情:麗」の主人公にイ・ジュンギとIU(アイユー)のキャスティングが決定、ドラマプロジェクトが本格的にスタートした。

4日、時代劇ドラマ「歩歩驚情:麗」(脚本:ジョ・ユンヨン、演出:キム・ギュテ)の関係者は、「俳優イ・ジュンギとIU(アイユー)がそれぞれ主人公ワン・ソ役、ヘス役としてキャスティングされた。ドラマのタイトルは『歩歩驚情:麗』に決定した」と明らかにした。

IUの写真

ドラマのタイトルである「歩歩驚情:麗」は、一歩一歩慎重にという意味の「歩歩驚情」と高麗時代という時代背景の特徴を結び合わせて最終的に決まったという。「歩歩驚情:麗」は、実際の歴史をもとにしつつ、現代的な視線と想像力を加えたストーリーで描かれる。視聴者を魅了する様々なキャラクターが登場する予定だ。

イ・ジュンギは、劇中、主人公ワン・ソ役を演じる。「犬オオカミ」の異名を持つ高麗太祖王健の第4皇子で、冷たい仮面の中に自分を閉じ込めたまま生きていくが、ヘスを通して仮面を脱ぎながら高麗4大皇帝光宗(クァンジョン)になる人物だ。IU(アイユー)は、ヘス役で高麗時代にタイムスリップした21世紀の不屈の女性で、歴史的な出来事の中心で苦悩しながら自分の運命を切り開いていく成長型キャラを演じる。

「歩歩驚情:麗」の関係者は、「優れた演技力の俳優イ・ジュンギと多彩な魅力を見せてくれるIU(アイユー)がスタイリッシュな映像美の魔術師キム・ギュテ監督と意見を交わして準備をしているところだ。製作陣と出演者が皆、一生懸命に準備して良い作品でお応えできるように最善を尽くしたい」とドラマに対する意気込みを語った。

「歩歩驚情:麗」は、中国の小説を原作に制作する韓国国内初のドラマ。中国でもドラマ化されヒットを記録、韓国にも多くのファンがいるグローバルコンテンツだ。ドラマ「大丈夫、愛だ」、「その冬、風が吹く」などでスタイリッシュな映像美を見せてきたキム・ギュテ監督が演出を担当、さまざまな試みを通して目の肥えた視聴者にワングレードアップした映像美を披露する予定だ。NBCユニバーサルがアジアドラマに初投資する作品で、グローバル市場を狙い、同時進行ではなく100%事前製作される。

▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »