VIXXレオ、ミュージカル「マタ・ハリ」にキャスティング、レオ出演最終回は既に完売!

VIXXレオ
VIXX(ビックス)のメンバー、レオがミュージカル「マタ・ハリ」にキャスティングされた。

レオは、総製作費250億ウォンが費やされたEMKミュージカルカンパニーの最初の創作ミュージカル「マタ・ハリ」でアルマン役にキャスティングされた。レオは、レオの本名である「チョン・テクウン」としてステージに立ち、オム・ギジュン、ソン・チャンウィと共にステージを盛り上げる。

ミュージカル「マタ・ハリ」は、第1次世界大戦中の二重スパイ容疑で銃殺された美しいマタ・ハリのドラマチックな生涯をもとにした作品で、20世紀初頭の華やかなパリとムーランルージュの舞台をそのまま再現、最高のミュージカルとなると期待を集めている。

レオが演じるアルマンは、マタ・ハリが恋に落ちる唯一の男でムーランルージュの華やかな生活に秘められたマタ・ハリの裏の面をかばって愛する純粋な男だ。

レオは、「ミュージカル『エリザベート』、『皇太子ルドルフ』、『レベッカ』などを見て、EMK作品に是非とも出演したいという思いを抱いてきた。大先輩たちと一緒に舞台に立つことができ、とても光栄だ」とコメントしている。

レオが出演する回の最終公演は、全席ソールドアウトとなっており、レオのミュージカル俳優としての新しい姿にファンの高い関心が寄せられている。

レオが出演するミュージカル「マタ・ハリ」は、2016年3月からブルースクエアサムスン電子ホールで上演される。

▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »